2021年度の大学新入生・ミスコン優勝者は、明治大学"安達祐実似"の有賀怜香さん

写真拡大 (全11枚)

日本一の大学新入生を決めるミスコンテスト『FRESH CAMPUS CONTEST 2021』が、14日の都内で行われ、明治大学・1年の有賀怜香(ありが・れいか、東京都出身、19歳)さんがグランプリに輝いた。

明治大学の法学部に通う有賀さんは、将来の夢を問われると「大きな夢としてアナウンサー」と返し、「まだ1年生なので、これから4年間、色んな経験を積んで、素敵な姿をお見せできるよう、もっと頑張りたいです」と更なる飛躍を誓った。

憧れの人物として、テレビ朝日アナウンサーの「弘中綾香さん」と名前を挙げた。「弘中さんのように、素の部分も愛されるようになりたいです」といい、目を輝かせた。

有賀さんの顔つきについて「橋本環奈さんに似ていると言われませんか?」と記者が声をかけるも「そんな、そんな…」と恥ずかしがり、キャンパス内では「おこがましいのですが、安達祐実さんに似ていると…。自分では、とんでもないと思っています」としきりに恐縮した。

なお、準グランプリには、関西学院大学・1年の松本奈子(まつもと・なこ、大阪府出身、19歳)さんと武庫川女子大学・1年の坊迫咲藍(ぼうさこ・さくら、兵庫県出身、18歳)の2名が選ばれた。松本さんも「私も8歳の頃から、アナウンサーになりたいと思っていました」と明かし、坊迫さんは「私は今、皆さんのように誇れる目標を立てていないのですが、スポーツ学部で学んでいるので、スポーツのお仕事に携われたら」と答えていた。

▼ 準優勝の松本奈子さん、優勝の有賀怜香さん、準優勝の坊迫咲藍さん

▼ 優勝の有賀怜香さん

▼ 準優勝の松本奈子さん

▼ 準優勝の坊迫咲藍さん


同コンテストは、全国の大学新入生を対象にしたもので、2010年から続いており、在京キー局アナウンサー、タレントを輩出している大会の一つ。出身者には、TBSアナウンサーの宇内梨沙、タレントの井口綾子らの顔ぶれがある。この大会は、おとといの11月12日から開幕した総合学園祭『AGESTOCK(エイジストック) 2021』のプログラムとして実施されていた。

本日の最終日には、イベントMCとして、お笑いコンビ・土佐兄弟が務め、音楽ライブのパートでは、アイドルグループ・豆柴の大群、楽器を持たないパンクバンドのBiSHが登場した。

▼ イベントMCを務めていた、土佐兄弟

■関連リンク
ミスコンテスト『FRESH CAMPUS CONTEST 2021』 - 案内WEBサイト