Microsoftは現地時間10月1日買い切り型の「Office 2021」の価格について発表しました。

買い切り型Office需要に応える

Microsoftはクラウド型のOffice「Microsoft 365」を推進していますが、サブスクリプション形式ではなく、買い切り型のOfficeを使いたいという需要が根強くありました。
 
そのため2020年9月、2021年後半に新しい買い切り型(永続ライセンス型)のOfficeをリリースすると発表、それがWindows 11とともに、2021年10月5日にリリースされるOffice 2021です。

一般向けとビジネス向けの2種類

Office 2021は、Microsoftが今年2月に明らかにしたように、一般ユーザー向けとビジネスユーザー向けの2種類が用意されています。
 
一般ユーザー向けの「Office Home and Student 2021」は、Word, Excel, PowerPoint, OneNote, Microsoft Teamsを含み、価格は149.99ドルです。
 
ビジネスユーザー向けの「Office Home and Business 2021」では、Office Home and Student 2021に含まれるものすべてに加えOutlookが追加され、またすべてのOfficeアプリをビジネス目的で利用することができます。価格は249.99ドルです。
 
どちらのOffice 2021も、PC版とMac版の両方が用意されます。なお日本での価格は本稿執筆時点で確認できていません。

 
 
Source:Microsoft via Pocket-lint
(lunatic)