28日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、「奇跡の放送事故」を起こした「子ども部屋おじさん」の田中俊行氏が登場。またもやトラブル寸前の一幕もあり、番組を盛り上げた。

 この日は「迷えるタレントに喝! 子ども部屋おじさん 愛の説教部屋」と題して、大人になっても実家の子ども部屋に住み続ける、芸人のハクション中西、『土曜The NIGHT』番組スタッフの福田哲平、オカルトコレクターの田中氏がリモートで出演し、芸能活動に悩みを抱える手島優、荒川真衣、栗山夢衣たちの話を聞き、解決策を模索していった。

 「子ども部屋おじさん」の企画は過去にも実施されており、当初は彼らに喝を入れる企画だったものの「子ども部屋からは出ない」というブレない生き方に、視聴者の支持が集まる結果に。そのなかでも「実家の部屋を徐々に奪い取り領地を広げようとしている」とまで豪語し、さらには生放送中に実母とマジ喧嘩を繰り広げる「奇跡の放送事故」を起こして話題となったのが田中氏だ。

▶映像:あわや放送事故?“子供部屋おじさん”に母親がブチギレ!(1時間16分頃〜)

 余裕の笑顔で登場した田中氏に前回の番組の反響について聞くと、放送を田中氏の家族が観ていたそうで「お母さんにチクられて、家賃が上がったんです」と告白。もともと1万円だった家賃が3万円にまで上がったのだとか。

 母親からは今も家から出るように言われており、田中氏は「常に戦ってます」とコメント。部屋の取り合いについて「いまはオカンの勢力が増えてます。陣地がやられてます」と劣勢であることを明かしたが「年末にかけて乗っ取ろうと思ってます」と報告して竹山の笑いを誘っていた。

 番組の進行中には、手嶋にアドバイスをしている田中氏が突然横を向いて「……うん、大丈夫」と低いトーンで話をしだして、スタジオが「お母さんだ!」と色めきだつ場面も。

 再び笑顔に戻った田中氏に、竹山がなにがあったのかを尋ねると「『ちょっとうるさい』って言ってました」と報告。ちょうど下ネタ寄りの話をしていたため、竹山が「聞かれてないですか?」と心配をしたが、田中氏は「うちは大丈夫です」と余裕の表情だった。