竹内涼真

写真拡大 (全2枚)

日本一の嫌われカップル!?

 竹内涼真(27)の好感度が急激に落ちているのをご存知だろうか。不倫や薬物という不祥事が明るみに出たわけではない。今年1月のTBS日曜劇場「テセウスの船」では主役を務め、なかなか評価が高かったはずなのに、だ。

 ***

【写真】竹内涼真と熱愛スクープされた「女優」

 ビデオリサーチが調べた、関東地区、世帯、リアルタイムの視聴率によると、「テセウスの船」の平均視聴率は13・4%。TBSにとっては満足のいく数字だったに違いない。

 ドラマは視聴者の支持を得ている。だが主役を演じた俳優のイメージはダダ下がりだという。その“謎”を解明しようとした記事がある。

 日刊ゲンダイDIGITALは10月22日、「竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が」の記事を配信した。

竹内涼真

 この記事で最初に取り上げられたのが、竹内の公式Instagram。10月18日、竹内は相手の顔をハートで消した2ショットを公開した。

 何やら意味深な写真だが、これは番宣の一環だった。21年1月から放送予定のテレビドラマ「君と世界が終わる日に」(日本テレビ・Hulu・日曜・22:30)で竹内は主役を務めるのだ。

 ところが、このInstagramの2ショットを報じる記事が配信されると、いきなりバッシングが起きたというのだ。

(註:記事は10月18日にスポーツ報知・電子版が配信した「竹内涼真、女性との2ショットが『プライベート流出?』『匂わせ』と話題」)

多数の批判

 日刊ゲンダイは、YAHOO!ニュースに掲載された、スポーツ報知の記事コメント欄に掲載された批判を引用している。10月25日現在、改めてコメントをチェックしてみると、以下のような具合だ。

菅田将暉

《コロナ下の二股疑惑や金銭トラブル疑惑で、自分の中で好感度下げました》

《色々と問題起こし、高感度も落とし、来るとこまで来てしまいましたね》

《調子に乗ってるイキってる兄ちゃんって感じ》

 記事には《スポーツ紙記者》が登場、《3年間交際した女優の吉谷彩子(29)をポイ捨てし、モデルで女優の三吉彩花(24)に乗り換えたとフライデーが報じた一件》が背景にあると指摘する。

 だが、これで記事は終わってしまう。なぜ“乗り換え”が、ここまでのバッシングを生んだのかという謎は残ったままだ。

 このゲンダイの記事コメント欄も、同意の声で溢れた。こちらも3本、ご紹介しよう。

菅田将暉との差

《先日彼が発信したSNSで人となりがわかります。演技も一辺倒、魅力を感じません》(註:改行を省略した。以下同)。

《アナウンサーとの対話の中でところどころトゲのある言い方をが(註:原文ママ)悪い意味で印象的でした。ふとした仕草や受け答えに人柄って出ますよね》

《女性問題はとやかく、売れ出した頃から謙虚さのカケラもなく、俺かっこいいアピールばっかで調子にのって天狗になってるなーとは思ってた》

 民放キー局で番組制作に携わっている女性スタッフは、「そもそも、一連の記事が出る前から、人気が落ちている気配がありました」と言う。

 竹内の当たり年は2017年。6月から8月は朝の連ドラ「ひよっこ」(NHK)、7月から9月は「過保護のカホコ」(日本テレビ系列)、10月から12月は「陸王」(TBS系列)とヒット作に連続出演を果たした。

 ところが18年4月の「ブラックペアン」(同)を最後に、テレビドラマの出演が止まる。18年〜20年までは数本の映画に出演したが、主演作は1本もない。

スタッフとトラブル?

「竹内さんの現状を理解するには、菅田将暉さん(27)と比較するとよく分かります。2人は1993年生まれ、2017年に映画『帝一の國』(永井聡監督・東宝)で共演しました」(同・女性スタッフ)

 2人の演技に対する評価は高かった。菅田はキネマ旬報ベスト・テン主演男優賞などを総ナメ、竹内も日本アカデミー賞で新人俳優賞に輝いた。

「菅田さんはその後もテレビドラマに映画にと活躍を続けているのはご存知の通りです。一方の竹内さんは17年のブームが終わってしまうと、仕事が途切れてしまいました。

『テセウスの船』で久しぶりに見たと感じた視聴者も少なくなかったのではないでしょうか。結局、イケメンというだけでは、すぐに飽きられてしまいます。特に女性視聴者の目は厳しく、凡庸な演技では、やはり見放すものです」(同・女性スタッフ)

 急に出演作が減ったことから、スタッフとのトラブルを疑う声もあるという。とにもかくにも、「竹内じゃなければ、この役は務まらなかった」という演技ができなかったのだ。

 それでは、人気急落の一因とされる「FRIDAY」の記事を見よう。ネット上では5月28日、「竹内涼真が三吉彩花と『乗り換え半同棲』 交際女優を追い出して」が配信されている。

女性視聴者はドン引き

 そもそも「FRIDAY」は18年、竹内と吉谷彩子の交際をスクープした。その後、竹内は吉谷と別れ、三吉彩花と“半同棲”だと報じたのだ。

《竹内と吉谷は今年4月に破局しています。しかも、竹内から一方的に別れを告げて、吉谷を同棲していた家から追い出したんです。彼女はホテルや友人の家を転々としながら、家探しに奔走しているそうですよ》

《吉谷が生活費などを100万円近く立て替えていたんですが、今回の破局に乗じて竹内がうやむやにしようとしたみたいです。その対応に吉谷側の事務所が怒り、お互いのマネージャー同士で話し合いがもたれるほどの金銭トラブルに発展。竹内が返済するという形で、最近ようやく話がまとまったようです》

 この記述に、女性視聴者は「ドン引き」した可能性が高いという。

「ビズリーチのCMで話題になった吉谷さんは清楚で、女性視聴者の好感度も高いタイプです。一方の三吉さんは、いかにもモデルという派手な雰囲気の女性です。

 この時点で“しっかり者の本妻から、若い浮気相手に乗り換えた”というイメージが、女性視聴者に生まれたのではないでしょうか」(同・女性スタッフ)

日本一、嫌われたカップル

 更に新型コロナが蔓延している時期に自宅から追いだすわ、借金トラブルがあるわと、まさに“ダメンズ”の典型とも言うべき実像が報じられた。

「私が記事を読んでびっくりしたのは、《お互いのマネージャー同士で話し合い》が持たれたというくだりです。

 竹内さんの所属事務所はホリプロです。竹内さん自身のスキャンダル報道ならともかく、もし《マネージャー同士の話し合い》が事実に反するなら、会社の名誉にかかわります。

 ホリプロさんは、企業イメージを重視する会社です。にもかかわらず、記事にはマネージャーのことがしっかり書かれている。これは信憑性の高い記事なのだろうと納得しました」(同・女性スタッフ)

 もっとも、人気急落の最大原因は他にあるという。ネット上で竹内=三吉に対する風当たりが強いのは、故・三浦春馬さん(1990〜2020)が関係しているという。

「これも偶然なのかもしれませんが、『FRIDAY』は18年5月、三浦さんと三吉さんの熱愛を報じました。

 ところが三吉さんは三浦さんと別れ、竹内さんと交際を始めました。三浦さんが命を絶った理由を、三吉さんの奔放な男性関係に求める声は、少なくともSNS上では非常に多いのです。

 根も葉もないデマにせよ、これで竹内さんのイメージも急落してしまいました。竹内さんと三吉さんは今、正直なところ、日本一嫌われているカップルといっても過言ではないようです」(同・女性スタッフ)

 竹内は今、どんな心境なのだろうか。

週刊新潮WEB取材班

2020年11月5日 掲載