南鳥島近海で熱帯低気圧が発生24時間以内に台風に発達見込み

2020/09/26 16:21 ウェザーニュース

南鳥島近海で26日(土)15時に熱帯低気圧が発生しました。今後も発達を続け、気象庁は24時間以内に台風になるとしています。次に台風ができると「台風13号」と呼ばれることになります。▼実況 [9月26日(土)15時] 擾乱種類   熱帯低気圧(TD) 存在地域   南鳥島近海 移動     北西 ゆっくり 中心気圧   1006 hPa 最大風速   15 m/s (中心付近) 最大瞬間風速 23 m/s▼予報 24時間後 [9月27日(日)15時] 擾乱種類   台風(TS) 存在地域   南鳥島近海 移動     北北西 20 km/h 中心気圧   998 hPa 最大風速   18 m/s (中心付近) 最大瞬間風速 25 m/s

日本列島に近づく可能性は低い

上空の強い風ジェット気流が日本列島の南を流れており、台風が発生した後はしばらく北上した後、東よりに進路を変える見込みです。今の所、日本に近づく可能性は低く、離れた所を通過するため、高波などの影響は小さいと見られます。

次に台風ができると「台風13号」

次に台風が発生すると「台風13号」と呼ばれることになります。今年9月は既に3つの台風が発生しているため、台風になれば9月の4つ目です。9月の台風発生数の平年値は4.8個なので、ほぼ平年並みのペースと言えそうです。今年は7月までに発生した台風が合計2個ととても少なかったものの、8月は平年を上回る7個の台風が発生していて、急に発生ペースが上がっていました。例年9月から10月の気圧配置のもとでは、台風の進路が本州方面に向かいやすい傾向があります。台風による大雨や暴風への備えを今一度ご確認ください。