「コロナばらまき男性」フィリピンパブでカラオケ オーナー憤り

ざっくり言うと

  • 新型コロナ感染確認後に外出していた50代男性について、週刊文春が報じた
  • フィリピンパブでカラオケに興じ、ホステスと肩を組むなどしていたという
  • 店のオーナーは「これは『テロ』にほかなりません」と憤っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x