1月8日、アルバム宣伝のため新宿に登場した木村拓哉

写真拡大

「5年ぶりになりますが、ただいまです!」

【超良きパパ】Koki,を学校に送り届ける木村拓哉

 2月8日、東京の代々木競技場第一体育館で木村拓哉のソロコンサート『TAKUYA KIMURA Live Tоur 2020 Gо with the Flоw』が行われた。1万2500人の観客に向かって笑顔で挨拶すると、大歓声があがった。

 今回のライブは、1月8日に発売したソロアルバム『Gо with the Flоw』を引っさげてのものだった。

「アルバムに収録されている曲を中心に20曲歌いました。彼が過去に出演したドラマの主題歌やSMAP時代の『SHAKE』と『夜空ノムコウ』を歌い、会場は大盛り上がりでしたよ」(スポーツ紙記者)

 木村がファンの前に立つのは、'15年1月に行われたSMAPの名古屋コンサート以来。そんな彼の勇姿を見ようと、芸能界からも、彼と親交の深い人たちが集まった。

中居や『新しい地図』の3人への焦り

「明石家さんまさんや沢村一樹さん、及川光博さん、KAT-TUNの亀梨和也さん、Kis-My-Ft2の玉森裕太さんなど、豪華なメンバーが駆けつけました」(同・スポーツ紙記者)

 木村のライブは、多くのファンが待ち望んでいたが、彼も同じ思いだった。

「1年ほど前から、周囲に“ライブをやりたい”と話していたといいます。SMAP解散以降、木村さんだけファンの前に姿を見せていなかったので、申し訳ない気持ちがあったようです。中居さんはバラエティー番組のスタジオ観覧などで姿を見せていましたし、『新しい地図』もファンミーティングなどのイベントがありましたからね。ほかのメンバーがファンと関わる機会があったのに、自分だけなかったことで焦ったのかもしれませんね」(芸能プロ関係者)

 念願のステージに立つにあたって、最高のものを届けたかったのだろう。並々ならぬプロ意識は、こんなところにも見てとれた。

「昨年、TBS系で放送された日曜劇場『グランメゾン東京』でも、以前より顔まわりがすっきりしていましたが、そこからさらに身体を絞ったそうです。ボイストレーニングも欠かさなかったので、歌もSMAP時代より格段にうまくなっていましたよ」(同・芸能プロ関係者)

 たくさんの観客に“アーティスト性”をアピールした木村。そんな彼の歌に魅せられる人も多かったようで……。

「東京公演は3日間ありましたが、毎回SMAPの曲を歌ってくれたんです。2日目は『らいおんハート』、3日目は『$10』(テンダラーズ)。『らいおんハート』を歌ったときは、木村クンの後ろに4人の女性ダンサーが踊って、振り付けもSMAP時代と同じでした。粋な演出に、涙を流す人もいましたよ」(ライブを見たファン)

 ファンを思ってのことだったのだろうが、当初、木村はグループの曲を歌うことに消極的だったという。

「SMAPの曲はファンの間で、“5人のもの”というイメージが強いんです。それを自分だけ歌ってしまっていいものか悩んでいたそうです。しかし、仲のいいさんまさんから“楽曲はアーティストのものだけではなく、みんなとの共有物だ”とアドバイスを受けたことで考えを変えたんですよ」(前出・芸能プロ関係者)

 木村なりにいろいろと悩んだ末の決断だったのだ。しかし、“共有物”を歌ったことに対して、インターネット上で批判の声が多数あがっている。

《みんなの共有物ということは、新しい地図の3人や中居クンの曲でもあるよね。それを独占して歌うのはデリカシーがなさすぎる!》

《4人のファンの気持ちを打ち砕いた木村は許せない》

《5人そろって歌える日まで封印しておいて欲しかった》

 いったい、どんな人たちが批判しているのだろうか。

『世界に一つだけの花』は歌えないのか

「香取クンたちの『新しい地図』のファンもいますが、木村クンの熱狂的なファンもいるといいます。ソロで活動するのに、グループの曲にいつまでも縛られる姿を見たくないんですよ」(木村のファン)

 振り返れば、'16年末にSMAPが解散してから3年以上がたとうとしている。翌年9月に稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人はジャニーズ事務所を退所。木村と中居正広は残留し、別々の道を歩くことに。それ以来、メンバーがSMAPの曲を歌うことはなかった。

 昨年末の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)に新しい地図の3人が出演した際には“あの曲”を歌いかけたのだが……。

「少しアレンジされた『世界に一つだけの花』のイントロが流れ、3人がマイクを持って歌う素振りを見せました。しかし、草なぎさんが出演するCM『1本満足バー』の曲を歌って笑いを取って、歌うことなく終わってしまったんです。久しぶりに彼らの歌を聴けると思ったファンからは、“やっぱり3人はまだ歌わせてもらえないんだ…”とガッカリする声があがりましたよ」(レコード会社関係者)

 ファンの中には《新しい地図の3人はジャニーズが許可しないから、SMAPの曲を歌うことができないのでは?》という意見もあるが、そういうことはないようだ。

「事務所の許可を取らなくても、営利目的でなければ問題ありません。ライブで1〜2曲歌う程度なら、音楽の著作権を管理する『JASRAC』に新しい地図サイドが曲の使用料を払えば、歌うことはできると思いますよ」(同・レコード会社関係者)

 批判的な声はあったものの、東京公演は大盛況だった。今後も、木村はソロでの音楽活動に力を入れていくのだろうか。芸能ジャーナリストの佐々木博之氏に話を聞いた。

「今回のライブチケットは540倍という驚異的な倍率で、改めて木村さんの人気の高さがわかりました。多くの観客を動員しましたし、グッズの売り上げもよかったそうです。ジャニーズ事務所も、彼で稼げるという手応えはつかんだはず。来年以降もライブをやる可能性は高いと思います」

 ただ、課題もあるという。

「彼のファンはSMAP時代からの人たちがほとんどだと思います。新規のファンを増やすのは難しいので、既存のファンを大切にする必要があります。その点を踏まえれば、SMAPの曲や出演したドラマの主題歌を歌うのは方向性的には正しいと思いますが、自分の持ち歌を増やし、ヒット曲を出さないと毎回、同じ内容のコンサートになってしまいます」(佐々木氏)

 ソロツアーは順調なスタートを切ったけど、ファンのやまない“悲鳴”は木村の耳に届いているのだろうか。