映画『劇場版ポケットモンスター ココ』ポケモンに育てられた少年と父親ザルードの物語

写真拡大

『劇場版ポケットモンスター ココ』が全国公開。当初、2020年12月25日(金)に公開される。

23作目のポケモン映画!矢嶋哲生監督による完全オリジナルストーリー

1998年公開『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』から始まったポケモン映画。2019年には、その記念すべきシリーズ第1作目が、『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』として、フル3DCGで上映されたことが記憶に新しい。

そんな人気シリーズの23作目となる『劇場版ポケットモンスター ココ』は、2018年の『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』を手掛けた矢嶋哲生監督による完全オリジナルストーリーだ。

“親子の関係”にフォーカス

今までポケモン映画で描かれてきたのは、“トレーナーである人間とポケモン”との絆の物語。『劇場版ポケットモンスター ココ』では“ポケモンが人間を育てる”という新しいカタチの絆を描いた物語となっており、“親子の関係”がフォーカスされる。

ポケモンに育てられた少年“ココ”と、父親ザルードの物語

物語の舞台となるのは、よそ者が足を踏み入れることを許さない、厳しい掟で守られたポケモンたちの楽園・オコヤの森。森の中を人間離れした動きで飛び回りながら、偶然冒険にやってきたサトシとピカチュウの目の前に姿を現し「コ…、コ」と名乗ったのは、ポケモンに育てられ、自らもポケモンだと信じる少年「ココ」だった。

ポケモンたちに囲まれて木の実を食べたり、木の上で居眠りしつつも、見た目は人間のココに対して、サトシは次第に「本当にポケモンなのか?」と感じはじめる。

そんな中、突然オコヤの森に危機が訪れ、ポケモンを助けて回るココだったが、彼自身も危ない目に。ココを間一髪のところで助け、彼が「父ちゃん」と呼んだのは幻のポケモン・ザルードだった。

なぜココはポケモンとして育ったのか?そしてザルードはどうしてココを育てたのか?2人の“親子の関係”から目が離せない。

上白石萌歌&中村勘九郎ら豪華声優陣

そんなココの声を、映画『未来のミライ』で声優初挑戦ながら見事4歳の男の子を演じきった上白石萌歌が担当。ココを育てた幻のポケモン・ザルートは、映画『銀魂』に出演するなど、歌舞伎役者のみならず活動の幅を広げる中村勘九郎が声を充てる。

また、中川翔子、山寺宏一といった劇場版ポケットモンスターシリーズの常連2人の出演も決定している。

幻のポケモン・セレビィも登場

メインビジュアルには、ザルードに頭を撫でられて照れくさそうにしているココと、そんな二人を温かく見守るサトシとピカチュウ、ホシガリスが描かれている。そして、頭上の葉の間には幻のポケモン・セレビィの姿も。セレビィが物語にどう関わってくるのかも注目だ。

メインテーマは岡崎体育×トータス松本

テーマソングを含む全6曲の劇中楽を岡崎体育がプロデュース。メインテーマ「ふしぎなふしぎな生きもの」はトータス松本が歌い上げる。岡崎体育とトータス松本は初のコラボとなる。

ストーリー

人里から遠く離れたジャングルの奥地。厳しい掟で守られたポケモンたちの楽園、オコヤの森があった。そこで仲間たちと暮らしていた頑固者のザルードは、ある日、川辺で人間の赤ん坊を見つける。「ニンゲン、これが・・・」見捨てられないザルードは、森の掟に反して、赤ん坊をココと名付け、群れを離れてふたりで暮らすことを決意する。

ポケモンが人間を育てる生活が始まって10年。ココは、オコヤの森にやってきたサトシとピカチュウに出会う。初めてできた「ニンゲンの友達」。自分のことをポケモンだと信じて疑わなかったココの胸の中に、少しずつ疑問が芽生え始める。「父ちゃん、オレはニンゲンなの?」自分はポケモンなのか?それとも人間なのか?悩むココだったが、ある日、招かざる人間の足音が森に近づいてきて、平穏な日々が一変する―。

詳細

『劇場版ポケットモンスター ココ』
公開日:2020年12月25日(金)
出演:松本梨香、大谷育江、林原めぐみ、三木眞一郎、犬山イヌコ、堀内賢雄、上白石萌歌、山寺宏一、中川翔子、中村勘九郎
原案:田尻 智
監督:矢嶋哲生
脚本:冨岡淳広、矢嶋哲生
アニメーション制作:OLM
製作:ピカチュウプロジェクト
配給:東宝

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
©Pokémon ©2020 ピカチュウプロジェクト
【写真付きで読む】映画『劇場版ポケットモンスター ココ』ポケモンに育てられた少年と父親ザルードの物語

外部サイト