マダガスカルで肺ペストを含むペスト感染が発生した際の消毒作業の様子(2017年10月10日撮影、資料写真)。(c)RIJASOLO / AFP

写真拡大

【AFP=時事】中国・北京市の病院で、患者2人が肺ペストと診断された。病院のある区の当局が12日、ウェブサイトで明らかにした。肺ペストは発生こそまれなものの感染力が強く、治療を怠れば死に至る。

 当局によれば、患者らは同国北部の内モンゴル(Inner Mongolia)自治区の出身で、現在は北京市内の病院で治療を受けている。当局はまた、すでに「予防・管理措置が取られている」と説明した。

 北京市の人口は2100万人を超える。AFPは市当局にコメントを求めたが、回答はなかった。ただし世界保健機関(WHO)は、中国の当局から肺ペスト発生の報告があったことを確認している。

 肺ペストは一般的な腺ペストよりも危険性が高い。WHOによると、「ペストの中で最も悪性の形態」で、患者は24〜72時間で死に至る可能性がある。また、極めて感染力が強く、「人から人へ飛沫(ひまつ)感染し、深刻な流行を引き起こす可能性がある」という。症状としては、発熱、悪寒、嘔吐(おうと)、吐き気などが見られる。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
肺炎で死亡する子どもは39秒に1人 年間80万人以上
「これってヘルペス?」 性感染症の診断求める投稿増 米SNS
遺体とダンス 死者敬う風習がペスト感染リスクに マダガスカル