総務省消防庁は26日、京都アニメーションの放火殺人事件を受け、ガソリン販売の規制を強化すると明らかにした。携行缶などに入れて販売する場合は、購入者の身元確認を事業者に義務付ける。省令を改正し来年2月の施行を目指す。