愛媛県内で病気の治療を受けていた男児が脳死状態と判定 心臓を移植へ

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 愛媛県内で病気の治療を受けていた6歳未満の男児が脳死状態と判定された
  • 家族が臓器の提供を決め、心臓が10歳未満の女児に移植される予定だという
  • 6歳未満の脳死による臓器提供は、公表されているなかで14例目とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x