現役女医が重宝している胃腸薬や鎮痛剤は?

写真拡大

「風邪薬はないですか?」。ドラッグストアのスタッフに尋ねると、「この棚から、あの棚までです」。膨大な種類の薬に呆然だ。本当に知りたいのは、「いちばん使いやすくて、効く薬はどれなの?」ということ。そこで、16人の女医に部門別で「必要な時に自分も使っている市販薬」を聞いた。医療の専門家がのんでいるのはどの薬なのか?

【表】女医がのんでいる胃腸薬ランキング

◎今回取材に応じていただいた女医のみなさん(五十音順)
いけした女性クリニック銀座院長・池下育子さん
内科医・石川小百合さん
松浦整形外科院長・井上留美子さん
やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院院長・宇井千穂さん
在米医師の大西睦子さん
三河安城クリニック・加藤智子さん
三国歯科医院・加藤陽子さん
渋谷セントラルクリニック院長・河村優子さん
耳鼻咽喉科・木村聡子さん
あいこ皮フ科クリニック院長・柴亜伊子さん
金沢駅前ぐっすりクリニック院長・鈴木香奈さん
東邦大学医療センター大橋病院・高橋怜奈さん
デンタルオフィス新宿・長澤彩さん
医療法人康梓会統括院長・日比野佐和子さん
天神レディースクリニック院長・森智恵子さん
みやびクリニック形成外科院長・矢加部文さん

◆胃腸薬

 胃腸薬部門ではほとんどの医師たちが『ガスター10』を推奨した。松浦整形外科院長の井上留美子さんの話。

「効き目がしっかりしています。処方薬と同じ効能があるので、病院が閉まっている週末や夜間のような緊急時には重宝しています」

 ただし、「よく効く薬」は諸刃の剣でもある。都内の総合病院に勤務する内科医が言う。

「強い胃痛がある時、ガスター10は強力な味方になってくれますが、胃酸を抑える効果が強い分、消化不良を起こすことがあります。少し胃が荒れた時は、まずはあまり強い成分が入っておらず、胃に優しい『太田胃散』をのみます」

◆鎮痛剤

 とにかく早く効く『ロキソニン』と、成分が体に優しい『バファリン』が首位争いをする結果となった。1位を獲得した『ロキソニン』を、みやびクリニック形成外科院長の矢加部文さんはこう評価する。

「仕事中に頭痛や生理痛になった時に、とにかく早く効果が出るので重宝しています」

 一方、バファリン派のやさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院院長の宇井千穂さんは、「胃薬が要らない」という点を評価しているという。

「処方薬の解熱鎮痛薬は胃を荒らしてしまうのが難点で、病院では胃薬が一緒に処方されます。その点、『バファリンA』は解熱鎮痛作用と胃への負担軽減を両立させていて、一緒に胃薬をのまなくてもいいので便利です。

 また、バファリンは歴史の古い薬なので、症例数が多いところもいい。症例数が多いということはそれだけのんでいる人が多く、どんな副作用が出るかもわかりやすく、安心感があります」

◆湿疹・皮膚炎役

 首位を獲得した『ワセリン』は100年以上前から販売されている大ロングセラー薬である。在米医師の大西睦子さんが「皮膚の保護薬としても信用できる」と言うように、医師たちの信頼が厚い。以下はさまざまなジャンルの薬が票を分け合った。その理由を、宇井さんはこう分析する。

「基本的に、のみ薬は処方薬の方が優れています。一方、塗るタイプの保湿剤は、お肌に合うものならば市販薬でも充分に効果のあるものが多いと感じます」

※女性セブン2019年8月1日号