呼吸で水素を吸引できる! アクアバンク、世界初の「水素マスク」を発表

水素関連ビジネスを展開するアクアバンクは、世界初となる呼気で水素を吸引できる「水素マスク®」を発表。6月末に東京ビッグサイトで開催された「国際ヘルス&ビューティグッズEXPO【夏】」で商品が初お披露目された。

アクアバンクは、「ストレスフリーな成熟社会の実現を目指す」を理念に、水素水ウォーターサーバーや、ポータブル水素ガス吸引具「KENCOS(ケンコス)」などさまざまな事業を展開するヘルスケアベンチャー。

中でもKENCOSシリーズは、水素をいつでもどこでも手軽に吸引できることや、香りも楽しめるフレーバーなどが反響を呼んだ。昨年に発売された「KENCOS3」は2万台を超える売り上げを記録。健康や美容志向の高いユーザーを中心に、愛用者が増加しているという。

同社の代表取締役・竹原タカシ氏もKENCOS3の反響について、「購入層は40〜50代の男性が多いが、美容意識の高い女性やアスリートに使用していただいた影響で若い方にも利用いただくようになった」と実感しているそう。

また、水素吸引は現在も研究が進められており、今後は介護分野などさまざまなシーンでの展開も期待されている。そんなKENCOSブランドの新たな仕掛けとして登場したのが、「水素マスク®」だ。

水素マスク®は、マスクの本体部分に、呼気の水分で水素が発生する新素材を採用。マスクを着用することで、最大6時間にわたり水素を吸引することができるという。さらに、美容成分であるヒアルロン酸も配合しており、かぜや花粉予防をするだけでなく、水素を吸引しながら肌にしっとりとした潤いをもたらしてくれそう。

世界初という水素マスク®について、「KENCOSで“水素を吸う“ということを扱う中で、数年前からアイデアはあった」という竹原氏。「すでに美容マスクは世の中に出ているが、それだけでは面白くないと思った」ということが、今回の水素マスク®の開発につながったという。

今後の販売については、若い女性をターゲットとした国内での展開に加え、大気汚染問題などを抱える国・地域など、マスクの需要の高い海外での展開も予定。展示イベントを通じて、すでに多くのオーダーが入り始めているという。

水素マスク®は、「国際ヘルス&ビューティグッズEXPO【夏】」で実施されたアンケート調査をもとに、11月の一般発売に向けて調整中。現在取り扱いを希望する企業を募集している。

商品概要
品名:水素マスク®
対象:かぜ・花粉・ほこり等
素材:本体(ポリプロピレン・ポリエチレン)、耳ひも(ポリエステル・ポリウレタン)、ノーズフィッター(ポリエチレン)
販売者:株式会社アクアバンク
公式サイト:https://www.aqua-bank.co.jp/