再保釈決定者である女裁判官の素顔は…

写真拡大

覚せい剤常習犯を再保釈した「女性裁判官」のご存念(2/2)

 実刑が確定していた小林誠容疑者(43)が、4日間にわたって逃走を続けた事件では、取り逃した横浜地検トップが謝罪。が、筋金入りのワルの小林容疑者に、再保釈を許可した地裁の責任は。再保釈決定者である女性裁判官の素顔は……。

 ***

「2006年に、証拠隠滅の可能性を抑制的に捉えるべきだという趣旨の論文が発表され、その考えが広く受け入れられたこと、また09年に、裁判の進行が速く、事前に弁護士らとの打ち合わせが必要な裁判員裁判が導入されたため、保釈が増えました」

 と、司法記者が解説する。

「さらに、『日産ゴーン事件』のような長期勾留が『人質司法』と批判される傾向があり、それを避けたい狙いもあって、裁判所に『保釈当然』の歪んだ意識が植え付けられたんだと思います」

再保釈決定者である女裁判官の素顔は…

 さる検察関係者が嘆く。

「10年の大阪地検の証拠改竄事件以来、裁判所の検察に対する不信感が高まり、検察が保釈不相当と意見具申しても、まともに相手にしてもらえなくなりました。明らかに執行猶予がつかないケースでも裁判所は保釈を認めてしまうんです。検察内には諦めムードさえ漂っています」

 現に、09年時点で全国の裁判所が保釈を認めた割合は16・3%だったのに対し、17年には32・7%と倍増している。

 元読売新聞記者でジャーナリストの大谷昭宏氏は、

「たしかに、世論はなるべく保釈すべきだという方向に流れています。しかし、それは例えば被告がサラリーマンで、罪を否認しているようなケースです」

 として、こう訴える。

「何カ月も会社に行けなければクビになってしまう人に、保釈という防御権を与えることは理解できますが、市民は今回のような前科を重ねた男まで保釈すべきだと言っているわけではない。バカな人権派の弁護士は、どんなに悪い奴についても保釈を申請しますが、裁判所は逐一、保釈すべきかどうかを吟味しなくてはならず、流れ作業のように保釈を決めてしまうなどもってのほか。裁判所には、『きちんと人を見て判断しろ』と言いたい」

 では「人を見る目」がなかった裁判官とは、具体的には一体どんな人物なのだろうか。

裁判官の「庶民感覚」

「保釈も再保釈も、横浜地裁小田原支部の佐脇有紀裁判官の判断です」

 と、司法関係者が囁く。

「現在49歳の佐脇さんは神奈川県出身で、そのせいか小田原支部をはじめ、川崎支部や横浜地裁(本部)を転々とし、神奈川勤務が多い。有名どころでは、11年に霊感商法詐欺の『神世界(しんせかい)事件』に関わった元警視の裁判を担当したり、その前年には、桑田真澄(元巨人)の元義兄の詐欺公判に携わったりしています。神世界事件では、詐欺グループのトップの逃走を助けた元警視に対し、『彼は反省している』として執行猶予判決を出していました……」 

 そんな佐脇氏はかつて、裁判員制度の導入にあたり、こう語っている。

〈職業人でもプレッシャーを感じる。重大事件だからこそ、国民の意見を反映させることが大事だと思う〉

〈裁判官も社会の中にいる。安いスーパーに買い物にも行く〉(いずれも07年7月6日付朝日新聞より)

 どうやら庶民感覚を大切にしていると仰りたかったようなのだが、今回の再保釈決定に〈国民の意見〉や我ら庶民の常識が反映された形跡は全く窺(うかが)えない。

 元東京地検特捜部検事で弁護士の高井康行氏が斬る。

「今回のケースでは、男の前科の数やその内容から、かなり犯罪性が高く、反社会的な人物であることは想定でき、収監に素直に応じないことも予測可能であったと言えます。結果的に、近隣で生活する一般の人々の安全を脅かす事態となってしまいました。裁判所の判断の甘さは否定できないと思います」

 他方、甲南大学法科大学院教授(刑法)の園田寿(ひさし)氏はこう指摘する。

「日本には、実刑判決を受けながら逃走した者を裁く『遁刑(とんけい)罪』が存在しないのが問題です。逃走罪は身柄を拘束されている状況から逃げた人にしか適用されません。もちろん保釈金は没収されますが、第三者や所属組織が肩代わりして払っているケースも多く、必ずしも逃げた人への制裁にはなり得ていないのです」

 小林容疑者のような男を甘く見て、再保釈という甘すぎる決定を下した女性裁判官。小林容疑者が逃走していた間、彼女も気が気ではなかったに違いない。とはいえ、やはりどう「判官贔屓」しても、女性裁判官殿の判断に首肯するわけにはいかない。

「週刊新潮」2019年7月4日号 掲載