15億5000万点の衣服が売れ残りか アパレルは破綻していると分析

ざっくり言うと

  • 2018年のアパレルの総供給量と総消費量について、専門家が分析している
  • 29億点超の供給に、消費は13億5200万点ほどで、売れ残りは約15億5000万点
  • 過半が廃棄されるアパレル流通は、すでに破綻していると指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x