2017年5月、「フォーブス」が発表した「日本の長者番付2017」。トップ50人の平均資産額は約3400億円。そんな辣腕実業家たちのこだわりの大豪邸を公開!

「日本の長者番付2017」で1位になったソフトバンクグループ会長の孫正義氏は、港区に自宅を構えている。

「土地購入だけで坪あたり650万円。築19年の建物も4億3000万円はする。それらを合わせて、総評価額は、63億8000万円になります。

 このほかにも、都内の老舗料亭跡地900坪を買収し、地上4階、地下2階の豪邸も所有している。地下にはゴルフ練習場やボウリング場があります」(不動産関係者)

「家はその人を表わす」といわれるが、孫社長の豪快ぶりがよくわかる家だった。

●孫正義邸(ソフトバンク社長・60)

【評価額】63億8000万円
【長者番付】1位
【総資産】2兆2640億
【所在】東京都港区
【総面積】約915坪

 2017年3月期の連結決算で純利益1.5兆円を達成したソフトバンクグループ。世界中で勢力を拡大しているライドシェア(相乗り)サービスを展開中の米国ITベンチャーUberに対して巨額投資するなど、拡大路線を続ける
(週刊FLASH DIAMOND 2017年11月10日増刊号)