昨年12月、ワイキキの中心部、カラカウア通りにあるワイキキ・ショッピング・プラザ地下一階に「ワイキキ横丁」がオープンした。ハワイ初出店のお店が多数集まり、現地でも大きな話題を呼んだ。今回はいち早く、その全容をお届け! ハワイ旅行に行った際には、気軽に訪れてみたい!



『Waikiki YOKOCHO』

@ワイキキ


「ワイキキ横丁」は、「のれんストリート」「えんがわテラス」「らーめんロード」の3つのエリア、計16店舗で成り立っている。串カツやラーメン、和食にお好み焼きとそのラインアップは、日本の食文化そのもの。

また、夜中まで飲めるお店が少ないワイキキにおいて、リーズナブルかつ、24時まで営業しているというのも嬉しい。ここでは、そんなワイキキの新名所の魅力をいち早くレポート!


―NEW SPOT―
ワイキキで最注目のスポットがこちら!

手前からクッキー&クリーム($3.00)ズッキーニ($2.00)、串カツ牛($3.00)
リーズナブルにハワイ限定串を味わいたい
『串カツ田中』

日本でもおなじみの『串カツ田中』がハワイ初出店。串カツ牛やクッキー&クリームなどの定番商品をそろえつつ、ハワイ限定のズッキーニやスパムなどが新しい。ソースはオリジナルに加え、チリマヨやシラチャーの3種類。

1メニューが$2.00からとリーズナブルな点も、食費が高くつきがちなハワイでは嬉しい限り。2軒目使いにぜひ。

若き店長の青木淳さん

おなじみの肉吸い豆腐($8.00)は、出汁の味付けを日本よりもまろやかに仕上げているそう。飲みの〆にいただきたい

日本でのカジュアルなイメージを踏襲した店舗デザイン


太平洋で獲れる「ブルーシュリンプの握り」1貫$4.50〜。味付けや盛り付けは、ハワイ仕様でわかりやすさを重視
カジュアルな空間でいただく、本格和食
『紅屋』

端整な鮨カウンターが印象的な和食レストラン。こちらではハワイや世界の食材を江戸前の仕事で楽しませてくれる。料理長の紅屋氏は日本だけでなく、台湾などでも腕を振るってきた国際派。ブルーシュリンプの鮨が出たと思えば、ランチでは稲庭うどんが出たりと変幻自在。気軽だけど、本格派。日本人にもロコにも誇れる、頼もしい一店だ。

丁寧な仕事が光る、「前菜の盛り合わせ」$12.00〜

料理長の紅屋氏は有名ホテルでの経験をもつ実力派

ハワイで大人気のラーメンも驚きの仕立てで登場!

「牛すき焼き火山」$22は、醤油豚骨ベース。かえしを加えることで、すき焼き風の味に仕上げている。牛肉はドカンと120g!
煙がモクモク! エンタメ系ラーメン
『豚骨火山らーめん』

大阪生まれのインパクト大な豚骨火山ラーメン。石鍋に入った麺にスープを注ぎ、筒状に穴の開いた蓋をのせれば、火山のように煙がモクモク! 豚骨ベースのスープが煮立つことで、野菜の甘みが引き出され、料理としての一体感が増す。

おすすめの「牛すき焼き火山」$22は、すき焼きをイメージした味わい。日本人のツボを付く演出と味だ。

絶賛、沸騰中のラーメン。スープの香ばしい香りが立つ

店内はカラフルで賑やかなイメージ。ワイワイと楽しみたい


ラウンジ感覚で楽しめるウイスキーバー
『ノム』

「ワイキキ横丁」の中心に位置するのが、ワイキキには珍しいウイスキーが揃うバー。ハワイで人気のジャパニーズウイスキーを取りそろえ、ロックからオリジナルカクテルまでを楽しめる。写真の梅紫蘇モヒート($9)や、抹茶オールドファッション($15)などの創作カクテルは日本の有名バーテンダー直伝のもの。オープンな造りなので、ラウンジ的に「ちょっと一杯」という利用もできる。

ジャパニーズウイスキーを使ったカクテルを楽しもう

まさに和のモヒート。梅としそが上品に香る


世界でブレイク中の抹茶スイーツ専門店
『nana's green tea』

「抹茶は日本のエスプレッソ」という考えの下、多彩な抹茶スイーツを取りそろえる専門店。言わずもがな、海外での抹茶人気は相当。店長の脇田氏も「日本のスイーツの美味しさを知ってほしい」と意気込む。抹茶黒蜜ラテ($5.60)や、抹茶白玉パフェ($8.90)など、日本でも人気のメニューを店内で、またはto goで楽しもう。


内観

【SHOP DATA】
住所:2250 Kalakaua Ave, Waikiki Shopping Plaza B1
TEL:808-926-8093(ワイキキ横丁事務所)
HP:www.waikiki-yokocho.com
営業時間:11:00〜24:00
定休日:無休