日本でも話題の「フライボール革命」。ゴロ打ちを避け、打球に角度をつけて打ち上げることを推奨する打撃理論は、本塁打数の増加を生み、大リーグを席巻した。ただ、良いことばかりではない。三振数は激増し、子供たちへの指導でも悪影響が出ているという。フライボールの理論は、打球速度と角度の関係性に着目したもの。速度98マイル(約158キロ)以上で、26〜30度の角度で飛び出した打球は、安打になる確率が最も高