ビートたけし

写真拡大

10日放送の情報番組「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)で、ビートたけしが、食品への異物混入が次々と明らかになっていることについて、違和感を表明する一幕があった。

日本マクドナルドは、販売したチキンナゲットやフライドポテトから、人間の歯やアクセサリーなどの異物の混入が相次ぎ見つかったとして、7日に記者会見を開き、謝罪した。しかし、これをきっかけに異物混入の問題は他社へも広がり、消費者の間には「食の安全」への不安が広がった。

番組はある食品メーカーを取材し、異物混入対策の実態についてレポート。VTRが終わると、たけしは「うちの近所なんか『おじさん、虫入ってたよ』って言うと『当たり』って言われたからね」と自分の子ども時代を振り返りながら話した。

たけしによると、そのおじさんは謝るどころか『当たりだよ、たけちゃん』『運が良い』と言い、たけしも「当たりか」と思いながらそのまま食べていたという。

たけしは「(当時は)それで終わりだよ。(今は)なんだろうね」と話し、最近の騒動に違和感を示した。

【関連記事】
古舘伊知郎氏、マクドナルド異物混入騒動をめぐり「生命」について力説
古舘伊知郎氏、「ペヤングやきそば」の生産休止・自主回収を評価
ペヤングの焼きそばがネットオークションで早くもプレミア化 定価の7倍になるケースも