TBS「ボクシング亀田戦は打ち切り!?」暴力団排除条例で対応に追われるテレビ界

写真拡大

 10月1日から東京都でも施行された暴力団排除条例の影響で、テレビ各局が対策に追われている。

 8月にタレント島田紳助が引退、9月に元競馬調教師の河野通文の免許剥奪、そして今月はプロボクシング亀田兄弟の所属ジムに注意の通達。まるで"どの業界も例外ではない"と警視庁から睨まれているかのような連鎖。ある民放テレビ局プロデューサーは「いま問題あるタレントを使ったとなれば命取り。かなり神経を尖らせている」と打ち明けた。

「正直、芸能界と一体になっているテレビはこれまで暴力団とつながりやすい世界だった。警視庁がテレビ界に対しても圧力を強めるような摘発を仕掛けてくる可能性は高い。局として表向きの動きは見せていないが、その"第一号"にならないために、広告代理店やタレントの所属事務所など連動して密かな情報収集をしている」(同プロデューサー)

 テレビ界が注意を深めれば当然、それが番組にも反映される。NHKからは今年の紅白歌合戦で「演歌枠を減らす」という話が聞こえている。

「暴力団との関わりが深いと囁かれる某大物演歌歌手は、年末に事情聴取を受けそうだといううわさが流れて、本人から"絶対に大丈夫"とわざわざ電話があったほど」(NHK関係者)

 一方、取り沙汰された亀田兄弟の試合を中継してきたTBSでは、早くも"打ち切り"説が飛び交う。

「兄弟の父、史郎氏は暴力団との会食を報じられたことがあるほどで、いつ関係を表にされてもおかしくない存在ですからね。ただ、暴力団と関わっているのは亀田だけではなく、他局でも元世界王者が会長を務める有力ジムに対して、放送継続の是非が話し合われていると聞きました」(ボクシングライター)

 また、プロ野球界ではすでに"黒い交際"の証拠が週刊誌記者の手に渡ったという話もある。スポーツ紙の野球記者によれば「これを伝え聞いた球団幹部が放送局に相談。万一の際に厳しい決断ができるよう根回しした」というのだ。

「当然、放送局はその選手に"注意マーク"を付けて、各番組で起用しないよう密かに内示しています」(同記者)

 暴排条例に対してテレビ界が敏感に反応したことには芸能界、スポーツ界も戦々恐々だ。

 あるテレビ関係者は「はっきりクロと断定できなくても配慮して出演をさせないケースが徐々に出てくる」と断言する。

「例えば暴力団が観戦した亀田興毅の世界タイトルマッチでラウンドガールを務めた熊田曜子は、TBSがその姿をほとんど映しませんでした。彼女は紳助さんとも親しかったわけですから、何か表になったわけではありませんが関係者が自主的に配慮した結果です。それと2月と8月、薬きょうが送りつけられた芸能プロのアヴィラに関連して、移籍を求めて裁判中の小倉優子に対しても"触らぬ神に祟りなし"と起用を控えようかという声もあります」(同関係者)

 これからやってくる年末年始は特番中心でテレビタレントにとっての稼ぎどきとなるが、今回は姿を見かけなくなるタレントが続出しそうな気配が漂っている。
(文=鈴木雅久)



【関連記事】
「亀田戦は技術的に最低な試合」ジョー小泉氏に激怒の亀田父とJBCの弱腰仲裁
亀田大毅防衛戦「118-110」の不可解大差が浮き彫りにするボクシング界の欠陥構造
「完全に舐められている」ボクシング 亀田オヤジ控え室乱入も"大甘処分"の予感