パティスリー キハチから桜色がかわいい春の新作「桜スイーツ」が登場

写真拡大



四季折々の旬を大切にするレストランのデザートから生まれた、パティスリー キハチのスイーツ。この春は、桜がほんのり香る桜色のスイーツが2種類登場。お花見ピクニックのデザートや春のホームパーティなど、いろんなシーンで活躍しそう

◆期間限定販売!桜が香る「モンブラン」と桜の木をイメージした「ベリーヌ」

都内を中心に12店舗を展開する「パティスリー キハチ」では、2017年3月1日(水)から4月25日(火)までの期間限定で新作の「桜スイーツ」2種を販売する。

ひとつはほんのり桜が香る桜色のモンブラン「モンブランSAKURA」(584円)で、もうひとつは桜の木をイメージしたというカップ入りの「ベリーヌSAKURA」(562円)。

どちらもトップに桜の花を飾っていて、春らしさを感じられるのが嬉しい。



左:「モンブランSAKURA」 右:「ベリーヌSAKURA」

◆桜が香る桜色のクリームに桜葉の味わいと桜の花で、まさに桜づくしのモンブラン

モンブランと言えば栗のイメージが強いけれど、「モンブランSAKURA」はほんのり桜の香りがするバタークリームをたっぷり絞った桜色のクリームが特徴。

クリームの下にはまろやかな白あんを使ったミルクムースがあり、この中心には梅とイチゴのジュレが入ってるので、さわやかな酸味でさっぱりとしたアクセントに。土台部分には桜の葉っぱを刻んで混ぜ、全粒粉の小麦粉やバターなどをそぼろ状にした“シュトロイゼル”のザクザクした食感とともにさくらの葉の香りを楽しめる。

桜色のクリームと桜の香り、そしてほのかな塩味の桜の花も飾られて、まさに桜づくしのスイーツと言えそう。



「モンブランSAKURA」584円

◆淡いピンクとグリーンが4つの層に!お花見仕様のべリーヌは桜の下で楽しみたい

桜の木をイメージしたベリーヌは、4つの層でできている。一番下に爽やかなグリーンのピスタチオのムース、その上に桜の花と葉の塩漬けペーストを入れたチェリームース、桜の花を刻んで混ぜたジュレ、ハチミツが香る白ワインのジュレ、そして一番上には桜の花が。

層になったピンクやグリーンの美しい色合いを出すために、パティシエは何度も試作を繰り返したそう。

「ベリーヌはお花見にも持っていきやすい形状ですので、ぜひ女性同士のお花見ピクニックでも楽しんでいただければ」と広報担当者さん。

例えば新宿伊勢丹店で買ったベリーヌを、近くのお花見スポット・新宿御苑で楽しむのもいいかも。



「ベリーヌSAKURA」562円

◆季節のフルーツを満喫できる春らしい新作スイーツも登場。桜とフルーツで春を満喫して

「桜スイーツ」のほかに、フルーツを楽しむ春の新作スイーツも3月1日(水)から4月25日(火)までの期間限定で発売。

ラインナップは、一粒まるごとの“とちおとめ苺”を生クリームで巻き上げた「とちおとめ苺のブランロール」(カット584円)や、レモン果皮・ベルガモットピューレなど柑橘系の酸味が爽やかな「シトラスレモンロール」(カット519円)、ブルーベリーの芳醇な香りとホワイトチョコのムースが魅力の「ベリーヌ フルールプランタン」(584円)の3種類。

お花見シーズンに合わせた「桜スイーツ」と季節のフルーツを満喫できる春らしい新作スイーツ。目で見て、香りを楽しんで、味わって、スイートな春を楽しんで。



右から「苺のナポレオンパイ」648円、「とちおとめ苺のブランロール」カット584円、ハーフ2268円、「シトラスレモンロール」カット519円、ハーフ2052円、「ベリーヌ フルールプランタン」584円



<新作桜スイーツ>
「モンブランSAKURA」584円「ベリーヌSAKURA」562円
<春の新作スイーツ>
「とちおとめ苺のブランロール」カット584円、ハーフ(約14cm)2268円、「シトラスレモンロール」カット519円、ハーフ(約14cm)2052円、「ベリーヌ フルールプランタン」584円
<季節のスイーツ>
「苺のナポレオンパイ」648円

販売期間:2017年3月1日(水)〜4月25日(火)
販売店舗:パティスリー キハチ各店
※店舗により取扱商品は異なる。天候や状況に応じてフルーツの種類は変更の場合もあり。

NAOKO YOSHIDA (はちどり)



東京・神奈川で人気のお花見スポットの中から編集部が65カ所をご紹介。デートにおすすめの夜桜、ピクニック向けの公園など、お好みのスタイルから花見スポットを探せるほか、桜スイーツや季節限定アイテム、レシピなど、桜を五感で楽しむアイデアをご紹介。コンテンツは随時更新中、こまめにチェックして