Appleが手巻き式のApple Watchを考えていることが、同社が申請した特許から明らかになりました。

りゅうずを巻いてApple Watchを充電

米国特許商標庁(USPTO)が公開したAppleの特許申請書では、りゅうずを手で巻き上げることで回転磁界を発生させ、それによって小型デバイス内の小さな発電機を動かす方法が説明されています。そうして作られた電気は、バッテリーなどに貯めることができます。
 
つまり昔ながらの手巻き式腕時計のりゅうず(Apple Watchではデジタルクラウンですが)を巻く感覚で、Apple Watchを充電するということになります。

実現は不明だが災害時には役立ちそう

20229-21670-170216-Wind-3-l
 
特許申請書の説明書には主にApple Watchらしきモデル(現行のApple Watchとは異なる、ラウンドフェイスのもの)が使用されていますが、iPhoneのような携帯デバイスにも適用できることを示すイラストも掲載されています。iPhoneやiPadにりゅうずが常についている状態というのは想像しにくいので、充電する際にだけ取り付ける仕組みではないかと思われます。
 
普通の腕時計ですら、一部のマニアの間でしか手巻き式が愛用されていないことを考えると、Apple Watchの手巻き式が実現する可能性は低そうですが、停電などの災害時には役立ちそうです。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)