画面が360度回転する2in1PC!レノボ、「Lenovo YOGA 910」を発売へ

写真拡大

レノボ・ジャパン株式会社は、画面が360度回転する2in1PCのフラグレシップモデルとして、「Lenovo YOGA 910」を発表した。

直販価格は15万5,000円(税別)。
2017年1月20日より発売予定。

■最大約15.9時間の長時間駆動
「Lenovo YOGA 910」は、画面が360度回転する2in1PCだ。レノボ独自の特別なヒンジによって、自由な角度で画面を固定できる。

モニターは13.9型の狭額縁液晶を採用しており、従来のモデルと同等の筐体サイズで大画面化を実現した。
薄さ14.3mm、重さ約1.38kgのスリムで軽量なボディだが、大容量バッテリーを搭載したことで、最大約15.9時間の長時間駆動が可能だ。

CPUは最新の第7世代 インテル Core i5-7200U プロセッサーを採用し、NVMeに対応したPCIe接続のSSDを搭載することで、従来のモデルと比較して大幅なパフォーマンスの向上を実現した。

セキュリティ面では、指紋認証システムを備えており、あらかじめ指紋を登録しておけば、Windowsへのログインが簡単にできる。

カラーバリエーションはシャンパンゴールドとプラチナシルバーの2色。アルミユニボディを採用した筐体は、キーボード面もカラーリングされ、ヒンジやネジなどの細部に至るまで、本体のカラーに合わせた上質な仕上がりとなっている。
yoga-910-hero-silver-05

■レノボ・ジャパン株式会社

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
・ディープラーニング技術の変換エンジンを搭載!ジャストシステム田食部長が語る「一太郎2017」「ATOK 2017」
・知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第七回「ファームウェアの更新」
・スティックPCもしくはSIMフリースマホ入りで2,017円の「ドスパラ福箱」を販売
・ガス圧式で動きもスムーズなモニターアーム
・5万円を切る4K対応32型ワイド液晶ディスプレイが登場