奇妙な姿から「タリー・モンスター」と呼ばれている3億年以上前の生物の化石の正体が、発見からおよそ半世紀たってようやく判明した。

SLIDE SHOW 「3億年前の謎の生物「タリー・モンスター」、ついに正体判明」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-screenshot-31616-1052-am-980x655

2/4

03-screenshot-31616-1048-am-2-980x1613

3/4

04-screenshot-31616-1047-am-980x1913

4/4

Prev Next

3億年以上前の米国中部には、内海が存在していた。そして、「タリー・モンスター(Tully monster)」と呼ばれている謎の生物が泳ぎ生息していた。

残念なことに、半世紀もの間、この生物が何なのか誰にもわからなかったのだが、それがようやく解明されることとなった。驚くほど詳細な姿を残した、保存状態のよい化石が発見されたからだ。

1958年にイリノイ州でこの小さな生物(全長わずか10cm)の化石を発見したのはフランシス・タリーという人物で、そこから「トゥリモンストゥルム(Tullimonstrum)」という学名が付けられた。「タリーのモンスター」という意味だ。

体の前面から長い柄が伸びており、その先端は「口部装置(buccal apparatus)」と呼ばれる、歯の付いた開口部で終わっている。体はえらで覆われており、推進力を得るために使用されたと思われる力強い尾びれに向かって徐々に細くなっている。目は、背中から伸びた長く硬い棒状の物の両端から覗いている。

タリー・モンスターが生息していたのは石炭紀(古生代後期で、現在より3億5,920万年前から2億9,900万年前までの時期)だ(その当時の北米大陸は、ユーラメリカ大陸と呼ばれる超大陸に属していた)。

石炭紀には初めて木々が群生するようになり、それによって土壌が変質。地表では、後にも先にも例がないほど高レヴェルの酸素を含む大気で満たされた。生まれたての森には、アースロプレウラと呼ばれる全長2mから3mのヤスデ(以下の動画)など、巨大な節足動物がはい回っていた。

今回の研究に関わった研究者たちは、タリー・モンスターの系統に関する論文を『Nature』誌に発表した。走査型電子顕微鏡を使用して化石を分析したことで、タリー・モンスターの生体構造を徹底的に調べることができたという。

その結果、驚いたことに、この生物には背骨があることがわかった。以前は、現在のカタツムリとつながりのある無脊椎動物ではないかと漠然と考えられていたのだ。骨格の形跡と、内臓と口の構造とを組み合わせると、現在のヌタウナギヤツメウナギと類似していることが明らかになった。ヌタウナギやナツメウナギのように、タリー・モンスターは顎のない(無顎の)口に歯が並んでいる。

タリー・モンスターは、体の前面から出た歯の付いた長い突起物を使用して食物を捕え、それを長く強力な舌を使って食べていたようだ。またこの奇妙な目の配置は、長く突き出た口の先端で行われていることを見るために必要だったのだろう。

その姿は悪夢に出てきそうなくらいグロテスクだが、今回も科学のおかげで、進化の歴史におけるその起源を理解することができたのだ。

※あまりにも奇妙な外見のため、「ハルキゲニア」(Hallucigenia、幻覚を生むもの)と命名された古代の海洋生物について、頭だと思われていた部分が実際には尾部の排泄物だったことが判明したという日本語版記事はこちら