伊集院光

写真拡大

28日放送のラジオ番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)で、伊集院光が、子役タレントの寺田心の家庭環境に複雑な思いを抱いていることを明かした。

この日の番組で伊集院は、リスナーから届いたネタのお便り「鈴木福君が泣いて頼んできたので、寺田心君に向かって、思い切りアクセルを踏み込む」を紹介。

寺田のことに話題が移ると、伊集院は寺田と共演したときのことを語り出した。その際、寺田は「今日は本当に、よろしくお願いします」「皆さんにご迷惑をかけないように、一生懸命、頑張りたいと思います」と非常に礼儀正しい挨拶をしてきたそう。

ところが伊集院は、こうした挨拶を受け「何か分からないけど家庭を恨むっていうか、俺の中でいらっとした」のだという。

なんでも、伊集院には「子供はそんなに、ちゃんとしてちゃダメだ」という持論があるそうで、その考えの発端には「俺がクソガキだったせいで、ああいう子供を見るたびに『何か酷いことしてんだろうな』って思っちゃう」という考えがあるとか。

最後に、伊集院は寺田の家庭を一方的に案じたことにフォローを入れ「あの…いい家庭なんでしょうね。俺のひがみだな」とコメントし、話題を締めくくった。

【関連記事】
伊集院光が「中二病」という言葉の使われ方について考案者としての心境語る
伊集院光 マツコ・デラックスが売れる理由を分析「男性の声を女性視点で伝える」
伊集院光がヨドバシ.comの対応を絶賛「Amazonよりもすごい」