梨花のセンスの虜に!ライフスタイルショップ「MAISON DE REEFUR」が全面リニューアル

写真拡大

おしゃれなセレクトショップを訪れると、刺激と癒しを一度に得たみたいに心が満たされる。まさにそんなお店、モデルの梨花がクリエイティブディレクターを務める代官山の「MAISON DE REEFUR(メゾンドリーファー)」が今年でデビュー3周年に。それを記念して4月18日(土)に全面リニューアルオープンするそう。

「今回は、ゼロベースからMAISON DE REEFURを再定義。梨花自身が体現する新たな女性像、伝えたい美しい生活の在り方、“大人を楽しむ”というシンプルだけど誠実なメッセージを今まで以上に感じていただける空間をめざします。すべての女性に“Les petits bonheurs(小さな幸せ)”をお届けしたいです」とPRの三崎さん。
2フロアからなるショップは、1階がセレクトショップスペース。大人の女性に向けたワードローブを展開するクローゼット“Salon”では、ディレクターの梨花が今本当に着たいと思う服にこだわったオリジナルウェアを中心に、梨花お気に入りのインポートウェアも取り扱う。シューズ&バッグのクローゼットでは、オリジナル商品に加え、サンローランやステラ マッカートニー、クロエ」などのセレクトブランドを展開。また、今季より取り扱いがはじまったシャーロットオリンピアからは、限定カラーのルームシューズセットも発売される。


そのほか、デビュー3周年を記念して、フランス人のイラストレータージャンヌ・デタランテとコラボしたバッグやポーチ、オリジナルのルームウェア、パジャマやランジェリー、バスルーム、ベッドルーム周りの生活雑貨、梨花のインスピレーションの源になっている写真集やアートブック、CDなども。オープン時限定で梨花が上海から買い付けてきたシノワズリな食器類の展開や、代官山店舗限定のTシャツなど注目のアイテムも満載。

さらに2階のカフェも一新。焙煎にこだわったコーヒーや、代官山のベーカリー「空と麦と」から仕入れたパン、宮崎の南国野菜を使ったオリジナルスムージー、テイクアウトできるデリの販売も。そのほか、店内で使っているマグカップなど食器類、コーヒー豆やオリジナルの紅茶やグラノーラ、ジャムなどの販売もあり、覗くだけで気分が上がる。

梨花好きはもちろん、センスアップを図りたい女子は必見。ライフスタイル丸ごと素敵に彩ってくれそうな“新生MAISON DE REEFUR”にぜひ訪れてみて。