長年一般的とされてきた年末の贈答文化・年賀状。しかし近年、デジタル化の加速などを背景に、その認識に変化がみられる。キャリアや就職・転職に特化した匿名相談サービス「JobQ」を開発・運営するライボ社の調査機関「Job総研」はこのほど、20~50代の社会人男女900人に対して「2023年 年賀状と歳暮の意識調査」を実施。20~30代のデジタルネーティブ世代の“年賀状離れ”が目立つ結果となった。 【