不動産の売却を成功させるうえで大切なのは、「売主に寄り添う専門家」「よい買主」との出会いです。しかし、不動産仲介会社が売主と買主の双方の代理人として手数料を両方から受け取る「両手取引」と、そのための物件の「囲い込み」が横行しています。しかも、魅力的な物件は他の物件を売るための「おとり広告」として利用されることもあります。そこで、新たな選択肢として登場するのが「不動産エージェント」という存在です。「