総務省は10月1日、48回分割払いでスマートフォンを購入し、2年後に機種交換すれば残債が免除される販売方法の見直しを、ソフトバンクとKDDIに要請したことを発表しました。「最大半額」は利用者の誤解を招く、と総務省総務省が見直しを求めたのは、ソフトバンクが「半額サポート+」、KDDI(au)が「アップグレードプログラムDX」として実施している販売プログラムです。 総務省は、「端末販売と回線契約の完全分離」と