豪華9人のアーティストが秋晴れの石巻を飾る! 「アニぱら音楽館 EXTREME LIVE in 石巻」

写真拡大

東日本大震災から一年半以上の休館期間を経て、2012年11月17日(土)より再開予定の石ノ森萬画館(宮城県・石巻市)にて、10月20日(土)、ライブイベント「アニぱら音楽館 EXTREME LIVE in 石巻」が開催された。

本イベントは、全国のケーブルTVやスカパー!などで視聴可能なCS放送局「キッズステーション」にて放送中の音楽番組「アニぱら音楽館」の公開収録イベント。

石巻市出身の遠藤正明のほか、影山ヒロノブ、サイキックラバーのYOFFYといった番組レギュラー陣のほか、総勢9名のアーティストによる珠玉のアニソンライブが繰り広げられた。

入場料無料で行われた今回のライブイベントには、秋晴れの澄み切った空の下、地元・石巻市民をはじめ、全国から1,300人を超えるファンが集結。

石巻市の笹野健副市長による挨拶に続いて、影山ヒロノブ、遠藤正明、YOFFY、そして、きただにひろしの4人がステージに登場すると、会場は大きな歓声で沸く。

影山の「アニぱら音楽館 EXTREME LIVE in」というコールに、会場全体が「石巻!」とレスポンス。

石ノ森章太郎が生んだ石巻市のヒーロー『シージェッター海斗』の「不滅のヒーロー SEAJETTER KAITO」で、ライブの幕は切って落とされた。

ソロライブパートではきただにひろしが先陣を務める。

そして、遠藤正明、YOFFY、影山ヒロノブと番組のレギュラー陣が次々とステージを飾り、会場のテンションを盛り上げていく。

ゲスト陣のステージでは、ソロパートに加えて、『アニぱら音楽館』ならではのセッションも組み込まれていく。

高橋秀幸はきただにひろしと、高取ヒデアキはYOFFYと、Geroは影山ヒロノブとのセッションを楽しむ。

特にGeroと影山とのセッションでは、影山が生ギターでの演奏を披露。

ライブイベントならではの光景に、観客も時間を忘れてステージに魅了されていく。

今回のライブでは紅一点の石川智晶は、石ノ森萬画館でのライブということで、現在公開中の映画『009 RE:CYBORG』よりイメージソング「誰がために」を初披露するなど、透き通った歌声で3曲を歌い上げる。

そしてシークレットゲストとしてクレジットされていた水木一郎がステージに登場。

おなじみの『マジンガーZ』はもちろん、「原始少年リュウが行く」や「仮面ライダーメドレー」など、石ノ森章太郎ゆかりの楽曲を次々と披露したほか、東北6県の子どもたちの未来のために作ったという「東北合神ミライガー」のテーマソングを熱唱。

アニキの熱い歌声に、観客の盛り上がりもピークへと達する。

そして、ライブのしんがりを務めたのは、地元・石巻市出身の遠藤正明。

「環境超人エコガインダーOX(ゼロエックス)」や「シージェッター海斗」との共演を交えつつ、派手なアクションと高らかなシャウトで、寒風にも負けない会場の熱気をさらに上昇させる。

ステージのラストは、出演者全員による『サイボーグ009』のオープニングテーマ「誰がために」。

石ノ森章太郎ゆかりのアニメ、特撮ソングを中心に構成された「アニぱら音楽館 EXTREME LIVE in 石巻」は、最後まで熱気を途切らせることなく、石巻市に元気を届けた。

なお、「アニぱら音楽館 EXTREME LIVE in 石巻」の模様は、2013年1月1日、元日の21時00分〜22時30分に、キッズステーションにて放送されるので、しっかりチェックしておきたい。また、レギュラー放送でも前・中・後編と3回に分けて放送されるのでこちらも注目だ(1月8日初回放送より)。