“NHKの最終兵器”小郷知子アナ、不倫騒動の半井アナに代わって新“7時の恋人”に!

写真拡大


(※この画像はサイトのスクリーンショットです)

あの“7時28分の恋人”ことNHKのお天気キャスター、半井小絵が、不倫問題ですっかり渦中の人になってしまった。『週刊文春』によると、妻子ある大リーガー、建山義紀投手と、6カ月にわたって愛欲生活を続けていたという。あの清楚で控え目そうな彼女が、「今日、ホテル行ったらアカンの?」なんてアッケラカンと男におねだりしてたなんて…。サウナでその芸能ニュースを見ていたら、隣にいたオジサンが「ブスのくせに…」と吐き捨てていった。彼女のことが密かにお気に入りだったらしい。美人なら納得がいっても、地味なオンナに裏切られるのはプライドが傷つくようだ。男ってつくづく勝手な生き物である。

そんな半井アナ&建山投手の不倫劇場の始まりとなった“飲み会”に同席したと言われているのが、彼女とNHK『ニュース7』の共演者でもある小郷知子アナ、通称“コゴたん”。ルックスと実力を十二分に兼ね備えていながら、これまであまり表に出ることのなかった“NHKの最終兵器”だ。その彼女が、奇しくも半井さんの不倫がスッパ抜かれる前の週に、2011年度から『ニュース7』の週末のメイン・キャスターに就任するというオメデタイ報道が流れた。つまり、もし建山投手がその飲み会で半井さんでなく小郷アナを口説いていたら…小郷アナはあの伝説の山本モナの上をいくスピード降板になっていたかもしれない、ということ。しかし建山投手もこんな美人に目もくれず、半井アナに行くとは…やっぱり「合コンは2番手がモテる」の法則は、あながち間違ってないのかも。コゴたん、美人すぎて命拾いか。

ともあれ、半井アナはこの3月で『ニュース7』を降板。そしてこれまで同番組のニュースリーダー(原稿読み担当)、つまり裏方だった小郷アナが、4月から晴れてオジサンたちの新マドンナの座に就くというわけだ。マツコデラックスは女子アナ(民放のいわゆるアイドルアナ)を“高級ホステス”に例えるが、その点、半井さんはスナックのチーママ、小郷アナは高級な小料理屋のママといったところ。早大在学中に“東京きものの女王”にも選ばれただけに、和服の似合いそうな昭和の美人顔だし、画面に映ったときのオーラあふれる姿には、大物女優の貫禄すらある。“NHKのいしだあゆみ”の看板に偽りナシだ。毎日通うならスナックだけども、週末くらいは美人な女将にお相手願いたい、そんな一般庶民の願望を汲み取ったのか。さすが皆さまの受信料で成り立つNHK。

そんなコゴたん、アップになると鼻が少しだけ左に曲がっているのが気になるが、完璧すぎると視聴者が萎縮するので、あえてそのままにしているのかもしれない。そして「NHKアナウンスルーム」の情報によると、「わたしがちょっぴり自慢したいこと」は「1人でラーメン屋に入れます。替え玉もできます」だそう。真に受けて、NHKのお膝元・渋谷のラーメン屋でソワソワするオジサンがこの春、増殖するかもしれない。そして万が一、ラーメン屋に小郷アナが降臨したら、きっと替え玉を注文しながら、半井ショックで傷ついた中年男たちの心を、その知的な微笑みで癒やしてくれるかもしれない。その鼻同様、彼女の性格が曲がってないことを祈りつつ…。

(弾 丸男)

■関連記事
常識をくつがえすタモリ流の “豚生姜焼き” を実際に作ってみた!
ガジェット通信流お好み焼きレシピ大公開! メチャ美味しいと自画自賛!
タモリ流インスタントラーメンの美味しい作り方! 評論家も絶賛
ガジェット通信一芸記者さん募集中です
和風絵巻みたいなポケモンイラストが凄すぎる! まるで鳥獣戯画