マンガキャラの面白い「語尾」を集めてみたナリ【斉藤アナスイの本棚】

写真拡大

聞いた所によると、『こち亀』は今まで一回も休載したことがないとか。どうすれば締め切りを守れるのか、秋本先生に是非伺ってみたいところです。さて巷のマンガやアニメを勝手にアレコレ言う【斉藤アナスイの本棚】。今回は、キャラクターの「語尾」に注目してみたいと思います。

例えば、ラムちゃんの「〜だっちゃ」、コロスケの「〜ナリ」などなど…。キャラを立てる上でのとっておきのスパイス、それが「語尾」。振り返ってみれば、面白いものから、可愛らしいものまで、実に多くの「語尾」が存在しています。そんなわけで、ちょっと気になった「語尾」を集めてみました。

(c)Shogakukan Inc


【名前と関連】
それぞれの名前と関連がある(ありそう)な語尾
【〜ニャロメ】 ニャロメ(もーれつア太郎ほか)
名前が「ニャロメ」で語尾も「ニャロメ」というシンプルな関係。他にもバカボンのパパの「〜なのだ」やイヤミの「〜ザンス」など、赤塚不二夫先生の作り出す語尾は本当に秀逸です。個人的にはココロのボスの「〜のココロ?」が好き。

【〜おじゃ、おじゃる】 坂ノ上おじゃる丸(おじゃる丸)
これも名前と語尾がわかりやすく関係しているパターン。果たして「おじゃる」って言うから「おじゃる丸」なのか、「おじゃる丸」だから「おじゃる」って言うのか…。「卵が先か鶏が先か」的なジレンマを含んでいます。

【〜なの】 高町なのは(魔法少女リリカルなのは)
アニメの『リリカルなのは』は、サブタイトルのほとんどが「〜なの」という終わり方をしていました(2期の途中まで)。ただし、サブタイトルに「〜なの」という語尾がつくだけで、別に本人はそんなしゃべり方をしないというのがポイントです。

【〜ブー】 ブー太郎(ちびまるこちゃん)
顔が豚みたいで語尾が「ブー」。本来なら【イメージ】の方に入れるべきかもしれませんが、せっかく「ブー太郎」なんてありがたいあだ名を頂戴している(本名は「富田太郎」)ので、【名前】の方に。可哀想にブー太郎。語尾のこの「ブー」せいで、はまじのおじいちゃんに「豚が電話してきた」と言われたこともありました。ちなみに家族みんな、語尾に「ブー」がつきます。

【イメージと関連】
キャラクターのイメージに関連がある(ありそう)な語尾
【〜ゲソ】 イカ娘(侵略!イカ娘)これはもちろんイカのイメージですね。「〜でゲソ」のほかに、「〜なイカ?」といった語尾を使うことも。ちなみに「〜するもんか!」は「〜するめイカ!」になります。

【〜ござる】 ハットリカンゾウ(忍者ハットリくん)
実際に忍者が「〜でござる」と言ったかどうかは定かではありませんが、でも確かに忍者と言えば「〜ござる」なイメージ。ほかに『流されて藍蘭島』のしのぶなんかも「ござる」の語尾を使いますが、これは彼女が「侍」を目指しているから。こちらは「意識して使っているパターン」ですね。

【〜ラッシャイ!】 熊田熊八(キテレツ大百科)
ブタゴリラのお父さん。八百屋の主人で商売熱心であることから、こんな語尾になったのでしょう。同じく、コロ助の「〜ナリ」という語尾も、侍のイメージに由来すると思われます。いつも思うんですけど、ブタゴリラってあだ名ってどうなんですかね。

【〜アル】 神楽(銀魂)、リィエン(金色のガッシュ!!)
これは中国のイメージですね。まぁ実際に中国の方は「〜アル」とか言わないと思うんですけど。ほかにも『うえきの法則』の李崩や、『魔法先生ネギま!』の古菲など、多くの中国人風キャラクターがこの「〜アル(ある)」を使っています。わかりやすい!

【〜あります】 ケロロ(ケロロ軍曹)
この語尾になったのは、ケロロが軍曹になってからという設定なので、やはり軍人をイメージしてのものなのでしょう。ほかにもドロロの「〜でござる」、ポヨンの「〜でポヨ」などなど、『ケロロ軍曹』軍曹には特徴的な語尾を持つキャラクターが多く登場します。

【方言と関連】
各地の方言と関連がある(ありそう)な語尾
【〜だっちゃ】 ラム(うる星やつら)
仙台弁に由来。ただし作者の高橋留美子先生は新潟県出身であり、「〜だっちゃ」の使い方が本来のものと異なるケースもしばしば。仙台弁を元に、高橋先生が新しく作り出した語尾と言えるでしょう。

〜ぶぁい】 御坊茶魔(おぼっちゃまくん)
作者の小林よしのり先生が福岡県出身であることから、これは博多弁の「〜ばい」が元になっていそう。「ばい」→「ぶぁい」。ほんのちょっとの変化なんだけど、それだけで一気に茶魔が「言いそう」になる。素晴らしいアレンジです。

【〜だっちゃわいや】 忍者トットリ(南国少年パプワくん)
キャラクターの名前からもわかる通り、由来は鳥取弁。ただし、「だっちゃ」も「わいや」も存在するけど、「だっちゃわいや」と重ねて使うことは、実際にはないようです。それにしても好きだったなぁ、忍者トットリ。

【萌えと関連】
キャラクターに言わせることで「萌え」を生み出す語尾
【〜にょ】 でじこ(デ・ジ・キャラット)
萌える語尾と言えば、まず外せないのがこのデ・ジ・キャラット。だって「〜にょ」ですよ、「〜にょ」。ちなみにでじこの妹分、ぷちこの語尾は「〜にゅ」。二次元だからこそ許される、珠玉の語尾です。この破壊力は、一体どういうことでしょう。

【〜ですぅ】 翠星石(ローゼンメイデン)
ローゼンメイデン第3ドール、翠星石の口癖がこちら。他にも金糸雀の「〜かしらー」や雛苺の「〜なのー」など魅力的な語尾が多数登場する本作ですが、僕はやっぱり翠星石がイチオシですね!いや、「イチオシですね!」じゃねーよ。

【〜りゅん】 永倉えみる(センチメンタルグラフティ)
懐かしい。セガサターンの恋愛ゲーム「セングラ」の登場人物です。何が良いって、この全く意味のない感じ。スパゲティをスプーンで食べそうな感じ。今なお語り継がれる、素晴らしい語尾です。

【〜よのさ、〜わのよ】 ピノコ(ブラックジャック)

イラッとさせられる時もあるけど、ふと冷静になると、やっぱり可愛いピノコ。まだ「萌え」なんて言葉が出てくる前のキャラクターですが、とりあえずここに入れさせていただきました。チョコあげゆ!


いかがでしたでしょうか。もちろん他にも面白い語尾を持つキャラクターは数多く存在するのですが、キリがないのでこの辺で…。他にも面白い語尾があったら、是非教えてください!

(テキスト:斉藤アナスイ)

バックナンバー【斉藤アナスイの◯◯】
女の子の言う可愛いの信憑性
10分でわかるアタック25
お弁当を隠しながら食べていた人集合
怪しい人についていってみた〜新宿手相編〜
ひたすら泣けるマンガ大集合!


▼外部リンク

キテレツ大百科 (1) (てんとう虫コミックス)

■関連記事
新人声優イベント!「AOTA-GAY! 〜今日の主役は私なんだからねっっ!〜」
ニンテンドー3DS、アマゾンに登場。
(ネタバレ注意)アニメ「フラクタル」第1話は、シスター服の少女との出会い
PS3/Xbox360『007/ブラッドストーン』ボンドガールに高垣彩陽さん
『第62回 さっぽろ雪まつり』今冬も初音ミクが登場