押収された拳銃=29日午後、愛知県警中部空港署

 愛知県警中部空港署は29日、中部空港で銃弾の入っていない拳銃1丁を所持したとして、銃刀法違反(所持)の疑いで住所不定、職業不詳の張伝超容疑者(33)=中国籍=を現行犯逮捕した。「おもちゃだと思って持っていた」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は29日午後0時10分ごろ、中部空港の保安検査場で拳銃1丁を所持した疑い。警備員が手荷物検査で発見し、付近を警戒中の警察官に伝えた。

 署によると、張容疑者は中国に帰国する国際線に搭乗予定で、銃弾は持っていなかった。署は入手ルートなどを調べる。