【MLB】ドジャース4-9メッツ(4月19日・日本時間20日/ロサンゼルス)        

【映像】ファン騒然… 大谷、打席に立つ前の“表情” 

4月19日(日本時間20日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対ニューヨーク・メッツの一戦で、ドジャース大谷翔平が見せたさわやかな表情と仕草が、日米の野球ファンの間で注目を集めている。

0-0で迎えたこの試合の1回裏・ドジャースの攻撃、1死走者なしの場面で、この日、最初の打席を迎えた大谷は、打席に入るなり、爽やかな笑顔を見せながら、相手捕手と審判に声をかけ、ヘルメットのツバをさわり、挨拶をすることに。なにげない場面でありながらも、大谷という人物の人柄が滲み出ているかのようなこの場面に、現地ファンもすぐさま反応。「彼が多くの人々を魅了している理由のすべてが強い説得力をもって伝えられているかのような場面だ」「この笑顔が私の心と時間を奪う理由」「彼の礼儀正しさと優しげな眼差しは、多くの選手たちが参考にすべきスタイルを体現したものだ」といった称賛の声が、現地ファンの間からも巻き起こることとなった。

大谷のことをよく知る日本のファンにとってはある意味、“説明不要”ともいえる大谷の人柄と、その人柄ゆえの場面となったが、この光景が現地ファンの間で話題になっていることが伝わると、日本のファンも反応。ネット上の野球ファンからは「ニッコニコやなーw」「みんなを笑顔にする男」「こんな礼儀正しく爽やかにされたら厳しい攻めはできんようになってまうやろw」「ニコ谷さんかわええw」「こういう笑顔が戻ってきて良かったわ」「たった1人で日本のイメージアップに貢献する男www」「まさに微笑みの伝道師やなw」「めっちゃ笑顔やんw」「爽やかすぎる」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)