世界反ドーピング機関のバンカ委員長=2019年12月、ローザンヌ(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】世界反ドーピング機関(WADA)は20日、中国競泳23選手が2021年初頭にドーピング検査で陽性となったものの、検体の汚染が原因であると認定して処分を科さなかったことを発表した。AP通信によると、23選手は東京五輪で出場が許可され、中国は同五輪で三つの金を含む6個のメダルを獲得した。

 選手らは禁止物質トリメタジジンに陽性反応を示した。オーストラリアのデーリー・テレグラフ紙はWADAとともに国際水連(現世界水連)も検体の汚染が原因で処分を科さなかったと報じた。22年にはドーピングの国際検査機関から当時の検体に疑義が示されたが、WADAは不正行為はないとした。