下着の悩み1位の「ブラジャーのパカつき」対策って?元下着販売員が“浮きにくいブラの見分け方”を教えます
下着のお悩みで一番多いのが「ブラジャーのパカつき」。いつも通りのサイズで試着をしてみたらカップがパカパカしてしまうと、「胸が小さくなってしまったのかな?」と落ち込んでしまいますよね。

しかし、実際よりサイズが大きいとブラジャーがパカつくと思われがちですが、実は同じサイズのブラジャーでも浮きやすいものと浮きにくいものがあるんです!

自分にぴったりで着心地の良いブラジャーを選ぶには、サイズだけではなく形に注目するのも大事なポイント。ついついお洋服のようにデザインで選んでしまいがちですが、下着は体に一番近い衣服なので着心地が悪いと長時間つけるのが苦痛になってしまいます。

パカつきが気になる方は、ぜひ浮きにくいポイントをチェックして試着をしてみてくださいね。

◆カップは浅めをチョイス!下からチェックしてみて

まずチェックしてほしいのは「カップの深さ」。同じサイズでもブラジャーのカップはしっかり容量があるものと少ないものがあります。

見分け方は簡単で、カップを下からみてみることです。

ここでカップに高さがあるとしっかり容量が入るので、ボリュームがある人は包み込めますが、ボリュームが少なめの人はカップの中に空間ができやすくなってしまいます。

あふれやすい方はこのタイプがおすすめですが、内側に空洞ができてしまったり、なんだかバストとブラジャーのカップがなじんでいないように感じる方は、まずこの空間ができてしまってパカつきやすいかどうかに注目をして選んでみましょう。

◆上辺にストレッチレースがあると◎密着度がアップ

そしてもう1つのポイントはカップ上辺。ここの傾斜の角度が合っていないと、あふれたり浮いたりしてしまいやすいです。

しかし、最近はストレッチレース(伸縮性のあるレース)があしらわれているものが多いので、ブラジャーとバストの密着度がアップして、パカつきにくくなってるんですよ。

特にカップ全体をレースが覆っている「フルカバレッジデザイン」のものは、かがんでも浮きにくいので人気です。

さらにレース1枚デザインが多いので洋服にひびきにくいのもメリット。形を気にせず選びたい時は、このタイプを選ぶと楽なのでおすすめです。

◆痛みを感じる場合はL字型のワイヤーをつけてみる

カップが浮きやすい人の中には、ワイヤーが当たって痛みを感じる経験をされたことも多いのではないでしょうか。

そんな時はワイヤーの形にも注目です。ブラジャーのワイヤーはUの形をしたものが多いですが、このタイプは、人によっては体にワイヤーが当たりやすかったり、カップの容量が増えるものが多いため浮きやすいんです。

痛みを感じる場合は、Lの形のワイヤーを選ぶようにしましょう。このタイプはワイヤーが当たりにくいだけでなく、みぞおちに圧迫感が少ないので着け心地が楽です!

さらに谷間ができやすい形なので、カップも浅めでフィット感がU字型のものよりも高いんです。

◆一番大事なのは姿勢

そして一番大切なことですが、ブラジャーが合っているかどうかをチェックするときは姿勢をしっかり正してみましょう。どれだけ浮きにくいブラジャーでも、姿勢が悪いとどうしても浮きやすくなってしまいます。

そして、サイズが合っていないものやバストを支えきれていないもの、着心地が悪いものは姿勢が悪くなる原因になります。ブラジャーが苦痛だと感じたら、一度下着屋さんでサイズや形の見直しをするのがおすすめです。

<文/ちーちょろす>

【ちーちょろす】
下着の魔法使い。販売員時代の知識を活かして、下着で自分に魔法をかけるための知識をnoteやTwitter、YouTubeで発信中。特技はサイズを当てること。趣味下着屋さん巡り