「キレイ」と言われるのに、結婚できない45歳女性。自己紹介で失敗している“致命的な一文”
恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

これまで「変わりたい」「結婚したい」と相談に来られた1000人以上の方々のうち、4割ぐらいが「一度もお付き合い経験がない女性」。そして筆者自身も20代まで、化粧もせず髪もボサボサの“完全なる非モテ”でした。一念発起して自分を変え、皆さんの“もったいないところ”をアドバイスしてきた経験から、恋愛・婚活に役立つリアルな情報をお届けします。
◆「年齢より若く見えます」という痛すぎる自己紹介

年齢が上がれば婚活は厳しくなります。未婚の方は多いのですが、男性も女性もメタ認知がバグっている方が増えるのです。

30代のプロフィールでは見かけないのですが、40代を超えるとプロフィールに「年齢より若くみられることが多いです」「実年齢を言うと驚かれます」と書く人がちらほら現れます。

美紀子さん(仮名・45歳/事務職)もそんなお一人でした。婚活歴は4年目。会いたい男性が一人もいないとか。

ツヤツヤでキレイな髪でオシャレはお好きなのでしょう。運動は好きで、趣味はゴルフだそうです。太っているわけではなく、二の腕もほっそりしていらっしゃいます。ただ、全体の肉付きや首のたるみなど、どう見ても年相応なのです。

◆まともな相手はこの一文があるだけで避ける

人によっては「40代にしてはキレイな方」と感じる方もいるかもしれません。白髪染めをしている方は分かるはずですが、パサつきやうねりのない髪を維持するのはお金と手間がかかる。美紀子さんの年齢で、キレイな髪を維持しているのは立派だとは思います。

とはいえ、45歳の中ではマシかもしれないけれど、独身で若い人とも比較検討される場にいれば年相応。

それなのに「実年齢を言うと驚かれます」と書いていればイタイ。まともな相手はこの一文が書いてある相手を避けます。それだけマイナスです。

削除すればいいだけと思われますが、この余計な一言を取り下げるのがわりと難航します。ご本人はそんなネガティブになるとは思っておらず、むしろ長所につもりでいるのです。

◆お世辞を鵜呑みにしてきたツケ

美紀子さんは同僚から「キレイ」「そんな年に見えない」といわれることは多かったそう。

「自分のアピールポイントを書いたほうがいいって言われて、よく言われるからそうなのかなと思って書いただけなんですけど」
「それお世辞とか社交辞令の一種じゃないでしょうか。自分から言うものじゃないでしょう」
「え〜、でもそれだと書くことなくなるし。書いている男性もいますよ。そんなにダメですか?」

美紀子さんは同じ45歳男性のプロフィールを見せてくれました。マスク写真で顔ははっきりわかりません。プロフィールに「マッチングしたら顔写真送ります!年齢より若くみられることが多いです」という一文がありました。

◆自分のことは「普通」と思っているような口ぶり

その男性とはマッチングした相手でメッセージの履歴を見せてくれました。

―ミキ「よろしくお願いします」
―男性「こんにちわ。よろしくお願いします♪☆一緒に幸せになりましょう☆彡」」

絵文字の多いおじさん構文です。第一声は「こんにちは」ではなく「こんにちわ」でした。一気に冷めてしまい、顔写真を送ってもらう気にすらならなかったそうです。

「上司にしか思えない年齢の人か、変な人ばっかりで、もう独身の普通の男性は残っていないんですかね」

なぜか美紀子さんは自分のことは「普通」と思っているような口ぶりです。

◆同じレベルの男性が寄ってきているだけ

「それを言ったら、女性も残っていないですよ。アラフォー以上ならなんで結婚してこなかったのかも分かる理由を書きましょう。みんな自分を棚に上げて『なんでこの人は結婚しなかったんだろう』って思うので、履歴書にブランクの説明が必要なのと同じです」