撮影◎田中景子

写真拡大 (全2枚)

タレントの横澤夏子さんが2月17日、東京都内で開催されたライオンのおしゃれ着用洗剤「アクロンスマートケア」のPRイベントに出席。3人のママである横澤さんは日々の子育てやひとり時間についてトークを展開しました。(取材・文・撮影◎田中景子)

【写真】白のロングワンピでポーズをとる横澤さん

* * * * * * *

自宅なのか保育園なのか

横澤さんは2017年7月、28歳の誕生日に一般男性との結婚を発表。20年2月に第1子、21年10月に第2子、23年6月に第3子を出産し、現在は3児のママとして育児や仕事に奮闘中です。「4歳、2歳、0歳を育てていまして、本当に大変。とても賑やかで、自宅なのか保育園なのかわからなくなるくらい。毎日怒涛のように過ぎていく。もうびっくりするくらい。『もう土曜日なの?』って。毎日あっという間です」と慌ただしい毎日を紹介しました。

イベントが行われた有明ガーデンにはよく訪れるようで、「施設内にあるクリニックの診察券を持っているくらい。活動圏内で、有明ガーデンには自転車20分くらいで来られるので、土日によく遊んでいます。スーパーにも週1くらいで来ている。(3人の子どもは)今日も有明ガーデンのどこかで遊んでいると思います」と笑いながら語りました。

目まぐるしい日々のなかでの貴重な「ひとり時間」は、週末のバスタイムだとか。

「子ども3人と一緒に入ると合宿所みたいになって、なかなか自分が洗えない。だから、土曜と日曜の夜に1時間、しっかりお風呂に浸かると決めています。それを“根”って言っている。


子育ての大変さを語る横澤さん

『ちょっと根行ってくるね〜』

子どもを寝かしつけた後に、夫に『ちょっと根行ってくるね〜』って。(浴室の)ドアを閉めて、電気を消して、ろうそくをたいて、いいバスタイムを過ごしている。その1時間の根のために頑張っている感じ。2時間のコースは“熱海”って言っているんですけど(笑)。今日も根か熱海、どちらかに行きたいですね〜」と明かしてくれました。

また、「うちは洗濯物は畳まない」という独自ルールも。「シワになるものは乾燥させてハンガーにかかったままクローゼットに入れる。私の下着類はもう畳まないでくるくるってして投げちゃう、みたいな。ヒートテックって畳んだってムダ。どうせ上から洋服着るし、シワがついても…って」ときっぱり。「5人いると大量になるので、とにかく洗濯機に何か入っている状態なんです。1日に何回も洗濯機を回している」と洗濯物だけで重労働の様子。

今回の、洗濯用洗剤のイベントにかけて「洗い流したい過去は?」との質問も投げかけられました。横澤さんは「7月に33歳になった。そこで『お母さん33歳だよ』と子どもに教えたら、いろんなところで『お母さん33歳なんだよ〜』って言うようになっちゃった。子どもって知っていることを言いたいみたいで。言わなくていいことってあるんだって。言わなきゃよかった、洗い流したい」と苦笑。来年は「もう年齢を言わないでおこう、大きい声で発表されずに済む」と誓っていました。

育児で怒涛の毎日ですが、子どもの姿にほっこりする瞬間もあるといいます。先日のバレンタインデーでは子どもの保育園帰りにチョコレートを買いに出かけたそうですが…。「平日だったので作るのが難しくて、買いに行ったんです。2歳の次女がチョコのことを『コチョ』って言うんです。店員さんに『コチョください』と言って、お父さんに『コチョどうぞ』って。もうだいたいブチギレているんですけど、なんだかんだ楽しく過ごしています」と目を細めました。