BoA、7年ぶり女優復帰!『私の夫と結婚して』でパク・ミニョンとの緊迫シーンに注目

写真拡大 (全2枚)

歌手BoAが話題作『私の夫と結婚して』に出演し、劇にドラマチックな展開を加える予定だ。

【写真】BoA、「メチャメチャ若返ってる」と話題の近況

BoAは2月5日に放送されたtvN月火ドラマ『私の夫と結婚して』に、航空会社の副社長「オ・ユラ」役で登場し、特別な存在感を放った。

ユ・ジヒョク(演者ナ・イヌ)とカン・ジウォン(演者パク・ミニョン)のもとに現れたオ・ユラは、自身をユ・ジヒョクに一方的に婚約解消された元婚約者だと紹介し、笑顔を崩さないが、冷酷な視線と爆弾発言でその場を凍りつかせた。

短いワンシーンにも関わらず、BoAは余裕に満ちた眼差しと高慢な態度でカリスマ性が際立つ財閥令嬢オ・ユラを演じている。

BoAの合流により、劇によりスリリングな展開がもたらされ、視聴者の期待感を高めた。

さらに、約7年ぶりに女優としてカムバックしたBoAが作品にどんな影響を与えるのか大きな関心が集まっている。

(写真提供=tvN)

『私の夫と結婚して』第11話の視聴率は全国11.8%、最高14.1%、首都圏13.0%、最高15.6%(ニールセンコリア基準)を記録し、再び最高視聴率を更新した。

2024年1月に放送開始予定のドラマ『私の夫と結婚して』は、末期がんの闘病中に親友の夫との不倫を目撃して殺害された主人公が10年前にタイムスリップし、自身の運命を変えようと奮闘する物語を描く。韓国では先に『キム秘書はいったい、なぜ? 』でヒロインを演じたパク・ミニョンが主演に抜擢されたことが報じられ、早くも話題を集めていた。

韓国の小説(著:sungsojak)を原作としており、NAVERでWEB漫画化され大反響を得た。日本では現在「LINEマンガ」で全話公開されており、韓国にとどまらない人気を博している。

BoA プロフィール

1986年11月5日生まれ。本名クォン・ボア。1998年に兄の付き添いでSMエンターテインメントのオーディション会場に足を運び、スカウトされた。その後2年間、歌手デビューを目指して歌やダンスの練習に励む傍らで日本語と英語の特訓も行い、2000年にデビューアルバム『ID; Peace B』をリリースした。翌年には同タイトルの日本版シングルをリリースし、本格的に日本へ進出。2002年には『Listen to My Heart』でオリコンチャートを制し、一躍人気歌手となった。