伊東純也

写真拡大

店外に連れ出され、レンタカーに

 週刊新潮が報じた、サッカー日本代表・伊東純也(30)が性加害で刑事告訴されていた一件。前編、中編では被害を訴える女性が今もなおPTSDに苦しめられている事実や、飲み会で伊東が放った衝撃発言について触れたが、後編では女性たちが訴える「性加害」の全容について衝撃の告発を報じる。【前中後編の後編】

※この記事では女性の被害に関する詳細な描写があります。フラッシュバック等の症状のある方はご留意ください。

 ***

【写真を見る】「生々しすぎる」“性加害疑惑”の現場となったホテル

 前編、中編の内容を改めて振り返ろう。

 2023年6月21日未明。場所は大阪・中之島のリーガロイヤルホテル。

伊東純也

 前日の6月20日、ともに芸能活動を行っているAさん、Bさんという二人の20代女性は、X氏という男性(Aさんが契約している事務所の社長の知人)の招きで、大阪の「パナソニックスタジアム吹田」で行われた日本代表 VS ペルー代表の一戦を観戦。

 その後、大阪市内の飲食店で伊東と合流することになったAさん、Bさんは、飲み会の終了後、店外に連れ出され、そのまま伊東と共に用意されたレンタカーへと乗り込んだという。

「“どこに行くんだろう、どこかのバーかな”と考えていたら、伊東さんが誰かと電話を始めて“今から女の子たちとホテルで飲むから”と言っているのが聞こえました」(Aさん)

 この後、伊東が宿泊するホテルの一室で起きた出来事を、Aさんは週刊新潮に告白。

 伊東らにはAさんを含む二人の女性を酒に酔わせ、性的同意を得ないまま行為に及んだ疑惑が持たれるのだ。ちなみに、伊東は21年11月23日に自身のインスタグラムで結婚を発表している既婚者である。

「自発的について行ったわけではない」

 AさんとBさんはX氏から「人目につくから、早く車に乗り込んで」とせかされて乗車。一方で事務所社長はX氏に「大丈夫だから」と乗車を拒絶されてしまう。社長の不在に気付き、不安になったAさんが車内から社長に電話を掛けようとしたが、

「Xさんから“事務所の社長には連絡してあるから大丈夫”と止められたんです。車内で“どこに行くんだろう、どこかのバーかな”と考えていたら、伊東さんが誰かと電話を始めて“今から女の子たちとホテルで飲むから”と言っているのが聞こえました」(Aさん)

 さらに続けて、

「今思えば、電話の相手は伊東さんの専属トレーナーの男性(47)だったのでしょう。いずれにしても、私たちはホテルに誘われて自発的について行ったわけではありません」(Aさん)

 かくして、4名を乗せた車が滑り込んだ先がリーガロイヤルホテルの駐車場である。伊東はAさんらとスーペリアフロアの部屋に入るのを避けたといい、

「先に私たちがXさんとホテルの宿泊階に上がって、いったん、Xさんが泊まっている方の部屋に入りました」(同)

 ほどなくして、二人がX氏に伴われながら隣の部屋に入ると、そこには伊東の姿があった。さらに、

「私たちが部屋に入った直後に、別の男性が大量のお酒が入ったビニール袋を抱えて入ってきました。伊東さんは、私たちにその男性を自分のトレーナーだと説明していました」(同)

「どんどん一升瓶のお酒を紙コップに注がれてあおられ…」

 ベッドサイドのテーブルの上には、専属トレーナーが買ってきた焼酎などの瓶やチューハイの缶が並べられた。そして伊東、Aさん、Bさん、X氏、さらに専属トレーナーがテーブルを囲むかたちで酒盛りが始まったのだが、X氏はすぐに自室に引き払っていったという。

 その一方でBさんは椅子に座ったまま、眠りに落ちてしまったといい、

「私、普段は酔って意識をなくすなんてことはなかったのですが、その日はいつもと感じが違いました。実はホテルに到着してからの記憶が曖昧で。“今日はあまり飲めないかも”と(Aさんに)言った記憶があるくらいです」(Bさん)

 この点、Aさんも友人の様子を次のように言う。

「たしかにBちゃんはホテルの部屋で飲み始めて10〜20分後には椅子の背にもたれかかるような体勢で、前兆もなく突然寝た感じ。何度も一緒に飲んだことがあるけど、彼女のそんなところは見たことがなかったので驚きました」

 結果、Aさん一人で伊東と専属トレーナーの二人を相手に酒を飲むことになってしまったのだが、

「私は日本酒も焼酎も苦手で、味の区別もつかない。なのに何のお酒かもわからない一升瓶のお酒を、缶チューハイをチェイサー代わりにして飲まされました。どんどん一升瓶のお酒を紙コップに注がれてあおられるので、何杯も一気飲みしなくてはいけませんでした」(同)

 二人は伊東らとの飲み会が芸能活動につながるという話を聞かされていたため、注がれた酒を飲み干すしかなかったであろうことは想像に難くない。Aさんは続けてこう語る。

「本当はどこかの時点でBちゃんと一緒に部屋を出なくてはいけなかったのですが、大阪に土地勘がなく、正直言って自分たちがどこにいるのかもわからなかった。その場に事務所の社長もおらず、自分たちの力だけで、宿泊先のビジネスホテルに帰るという考えには至りませんでした」(同)

「隣りのベッドでAちゃんが伊東さんに犯されているのが分かった」

 Aさんの体感では飲み始めてから2時間が経過した頃。専属トレーナーが急に立ち上がり、部屋の明かりを消してしまったという。

「私は身の危険を感じて、すぐに明かりをつけようと、窓側のベッド付近でライトのスイッチを探しました。ですが、トレーナーの男性が私の腕を押さえるなどして、明かりをつけさせようとはしませんでした。攻防はしばらく続きましたが、力では到底かないません。そのうちに急激な眠気に襲われた私は、窓側のベッドに倒れ込み、そのまま寝てしまったのです」(同)

 以降の彼女の記憶は断片的だが――、

「私が覚えているのは、トレーナーの男性が窓側のベッドから壁側のベッドに私を移動させようとしたのだと思いますが、私がベッドとベッドの間に落ち、そこから壁側のベッドに抱えて持ち上げられる場面。そして次に、パッと目が覚めた時には、伊東さんが私の上に覆い被さっている状態。部屋は暗かったのですが、伊東さんの顔が私の目の前にあるのはわかりました。“うわ、いる”と。その光景は、はっきり覚えています」(同)

 一方でいつの間にか、ベッド脇の椅子から窓際のベッドに移されていたというBさんも、意識を失っているあいだに性被害に遭ったと訴える。

「目覚めたとき私は下着を剥ぎ取られ、股を広げられた体勢でした。トレーナーの男性から覆い被さられて、思うように脚を動かせず、はねのけることもできなかった」

 身に着けていたワンピースもたくし上げられて、胸まではだけている状態だったといい、

「その後、胸や陰部を舐められたり、触られたりしました。驚いたし、怖かったし、隣には友達のAちゃんもいるわけで“やめてください”と言ったとは思うのですが、大声を出すことはできませんでした。暗がりの中でも、隣のベッドでAちゃんが伊東さんに犯されているのはわかりましたが、まともな意識が彼女にあるようには見えなかった。私の膣内には陰茎を入れられた感覚が残りました」(同)

「一睡もしていないよ、俺」

 さらにBさんの記憶によれば、専属トレーナーは壁際のベッドにいた伊東に、「こっちの子ともやれよ」と声を掛けたのだという。その声に促されて、伊東はBさんが寝かされていた窓際のベッドに移動してきたものの、

「私は身を守るために毛布に包まり、じっとしました。その後の記憶は、再び途切れています」(Bさん)

 朝7時ごろ、隣の部屋からX氏が四人を起こすために伊東の部屋に入って来た際、AさんもBさんも胸などがあらわな状態で、

「慌てて掛布団で体を隠しました。私はその時は、記憶が飛んでいる間になにをされたのかもわかっておらず、とにかく体が重いと感じた。Xさんが怒った様子で、“もう時間だよ、なにしているの”と、伊東たちをせっついていました」(Aさん)

 特番の収録時間が差し迫っていたのか、伊東とX氏は女性らを残して、先に部屋を出て行った。Bさんによると伊東は部屋を退出する際、「一睡もしていないよ、俺」と口にしていたという。そしてAさんとBさんも取る物も取りあえず、ホテルを後にした――。

「伊東さんから中出しされたこともわかり…」

 以上が彼女らが体験したと語る、おぞましい性被害の一部始終である。Aさんが言う。

「私は性被害を受けている間の意識がほとんどなかったのですが、なにが起きたのかをBちゃんに聞かされてがくぜんとなりました。その後の弁護士を通じたやりとりで、伊東さんから中出しされたこともわかりショックを受けました。しかも、私が許せないのはマネジメントのXさんが、あたかも私の方から伊東さんを誘ったかのように私の知り合いたちに吹聴したことです。被害を受けたのはこちらなのに」

 一方、Bさんは、

「私が性被害に遭っているあいだ、Aちゃんの意識はなかったわけで、自分が黙っていればこのことはなにもなかったことにできるのではないかと考えて、これまでは自分の被害については口をつぐんできました」

 彼女たちの刑事告訴に対抗して、伊東側は虚偽告訴だという訴えを出している。

 しかし、これまでの示談交渉の中で、伊東は性的行為そのものは認めており、今後は同意の有無が焦点となっていくだろう。

 前編ではBさんが今もPTSDの症状に苦しめられている事実、中編では飲み会で伊東が放った衝撃発言などについて報じている。

「週刊新潮」2024年2月8日号 掲載