テレビ番組をすべて降板し、「引退する」と取材に答えた若新雄純氏(本人のXより)

写真拡大

 15年前に16歳の女子高生と半同棲生活を送っていたことが発覚したばかりのテレビコメンテーターの若新雄純氏(通称・「わかしん。」、年齢非公表)が、事実婚のパートナーがいるにもかかわらず、別に2人の女性と交際し、トラブルになっていたことが「週刊新潮」の取材でわかった。若新氏は取材に対し、事実を認め、テレビなどでの活動を今月いっぱいで引退すると宣言。慶應義塾大学特任准教授など大学関係の職も3月までに辞職すると話した。(前後編の前編)

 ***

【写真】若新氏が浮気相手に送りつけた、クズすぎる「別れのLINE」。女性を「モノ」扱いする若新氏にキレるメッセージも

「今後はテレビの仕事はいたしません」

 渦中の男は「スマイリーフェイス」、日本で言うニコちゃんマークが大きくプリントされたパーカーを着て、約束の場所に現れた。左胸に「Thank you」の字が見えるワッペン。装いこそ軽やかだが、目元は落ち窪んでいる。

テレビ番組をすべて降板し、「引退する」と取材に答えた若新雄純氏(本人のXより)

 若新氏は取材の冒頭でこう語った。

「今月中にすべての番組出演予定をキャンセルし、今後はテレビの仕事はいたしません。3月まで慶応など大学の役職もすべて辞任します。自治体と進めてきたまちづくり事業にも二度と関わりません」

 複数の女性と抱えているトラブルについても、「事実です」と認め、

「間違った恥ずかしい大人でした」

「欲望を自制できず、理屈だけでモノを考えて計算する大人になってしまった」

 などと反省の弁を述べた。そして、「自分は表に出る資格がない人間」として、世に姿をさらす一切の職から身を引く意向を示した。

「お咎めなし」一旦は出演継続の流れに…

 本誌前号(週刊新潮2月1日号)では、若新氏がSFC(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス)の大学院生だった当時、9つほど歳の離れた16歳の女子高生と約1年間にわたって半同棲生活を送っていた過去を報じた。若新氏は家庭環境に恵まれず実家に居場所がない少女を口説き、合鍵も渡し、自宅に出入りさせていた。少女は若新氏との同居生活で精神を病み、精神科から処方された薬をオーバードーズする「自殺未遂騒動」も起こしていた。

 こうした取材結果を電話で伝えると、若新氏は浮気や偽装工作については否定しつつ、少女と交際した過去はおおむね認めた。そして、「真剣交際で親の同意を得ていたから問題ない」と繰り返した。

 だが、1月24日にデイリー新潮がこの件の速報記事をネットで公開するや、態度を一変させ、謝罪文を公表した。そこで当事者であるA子さんに対して、

〈当時悩ませたり傷つけたりしてしまったこと、さらに今回の記事でもつらい思いをさせてしまったこと、とても申し訳なく思います。本当にごめんなさい〉

 と謝罪。自身が行った弁明についても、

〈僕が自分の保身のためにあいまいな記憶を都合のいいように解釈して答えてしまった〉

 と反省の意を示した。さらに、

〈週刊誌・記者さんへの誹謗中傷は控えていただけたら幸いです〉

 過剰にも見えるほど謙虚で丁寧な謝罪をして、幕引きを図ろうとしたのであった。

 この謝罪には一定程度の効果があった。ネット上で〈若気の至り〉〈15年も前の過去でしょ〉と同情の声が広がり始め、本誌前号の発売日である25日には関西テレビの幹部が、

「今テレビに出られない方になった、とは考えておりません」

 と擁護するような発言もした。28日、若新氏をたびたびゲストに起用する「サンデー・ジャポン」(TBS)も、本人出演こそなかったが、この問題を取り上げ、スタジオトークで司会役の爆笑問題・太田光が茶化して笑いに変えた。同日昼には、本誌報道前に収録済の「ビートたけしのTVタックル」(テレ朝)にも出演。“お咎めなし”で活動を継続するかのように見えた。

「ヤル気もないのに、連絡してくるな」

 テレビ出演継続の流れを受け、若新氏と16歳当時、交際関係にあったA子さんは本誌に手記を寄せた。

〈私も含め彼に傷つけられた女性達のためにも、一生表舞台に姿を現さないことを私は強く望んでいます〉

 こう訴え、下記のエピソードを明かした。

〈約1年半前の夏、私は数年ぶりに若新氏に会いました。彼が様々な番組で弱者に寄り添う発言をしているのを耳にし、今であればもしかしたら私に対する過去の行動について謝ってくれるかもしれない。見下し、散々馬鹿にしてきた私のことを認めてくれるかもしれないと期待したからです〉

 A子さんは大学卒業後、難関の大学院に進学。現在、大企業でキャリアを重ねている。自分を弄んだ若新氏を見返したいという気持ちで頑張ってきたのだ。再会した際、A子さんがそんな近況を語っても若新氏は無関心で、なぜか女性関係を自慢してきたと言う。

〈「現在は彼女が4人いる。その彼女ランキングは変動する」と。さらに、「元カノが有名なセクシー女優で色々と教えてもらった。この後どうか」と誘ってきました。私が断ると「ヤル気もないのに、連絡してくるな」と捨て台詞を吐かれました〉

 A子さんの言っていることは正しかった。取材を進めると4人のうち3人が実在することが判明。さらに、若新氏はこの女性たちを「パートナー」「彼女」などと序列化していたこともわかった。事実婚のパートナーがいるにもかかわらず、別に2人の女性と交際し、トラブルになっていた。

 後編では、若新氏が3カ月前、6年間交際していたB子さんへ送った「残酷LINE」を公開。若新氏は非道極まりない文面をB子さんに送りつけ、”ブロック逃亡”していた。B子さんは夥しい数のLINEなどのやりとりを提供。「モノのように扱われた。このような男性が教育やテレビや公共事業に関わる資格がない」と涙ながらに訴えたのである。

(後編に続く)

「週刊新潮」2024年2月8日号 掲載