松本人志

写真拡大

 一説によれば、「空気を読む」という言葉を広めたのは松本人志さんだという。真偽のほどは分からないものの、2022年の「ダウンタウン vs Z世代 ヤバイ昭和あり?なし?」(日本テレビ系)ではそう放送されていた。

【写真を見る】「松本人志」が尊敬する吉本興業の「二人の先輩」 ともに「早期リタイア」している共通点が

 その松本さんの性加害疑惑騒動が週刊文春によって報じられ、芸能界に激震が走っている。松本さんは5億5千万円という巨額の損害賠償と訂正記事の掲載を求める裁判を起こし、徹底抗戦の構えだ。真相は分からないが、さまざまなタレントのコメントを見るにつけ、松ちゃん周りの「空気を読む」人間がいかに多いものかということだけは想像するに難くない。

松本人志

 松本人志を笑わせることの難しさと気持ち良さ。それは吉本興業の後輩芸人だけでなく、共演者もテレビ局も視聴者も、ある一定の世代以上の人間は分かり過ぎているのではないだろうか。松ちゃんが使うもの・気に入るものは最先端なのだ、という刷り込みが、良い悪いはともかく日本全国に染み込んでいた。それが「空気を読む」や「ドン引き」「サムい」「ドヤ顔」など、松ちゃん発といわれる言葉が流行した背景なのだろう。

 上記の言葉はどれも、ネガティブな意味のものばかりだ。松ちゃんの、「面白い人間が全てに勝り、面白くない奴は何をされても文句は言えない」という弱肉強食の考えが垣間見える。だからこそ後輩芸人たちは必死になって空気を読み、芸人ではないタレントたちもそのルールに従った。「ごっつええ感じ」で体を張り続けた篠原涼子さんやYOUさん、「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」で一生懸命トークに励むアーティストたち。実際にYOUさんや西川貴教さん、GACKTさんらのブレイクは、ダウンタウンとのトークがきっかけの一つだったろうし、松ちゃんルールによるメリットを享受した業界人は少なくないはずだ。

 一方で、「面白くない」と断罪された側はつらかっただろう。前述の「HEY!HEY!HEY!〜」では、「音楽番組なのになぜトークスキルで評価されなくてはならないの?」という困惑顔のゲストもたくさん見た。「おもんない奴」と松ちゃんが一言言えば、翌日から視聴者にもテレビ局側にもそう思われることの怖さ。特に後輩芸人たちは戦々恐々としていたに違いない。

 どんな話が刺さるかわからない。けれども冷遇はされたくない。だから接待で何とかゴマをする。一般企業でもよくある光景だ。

 とはいえ事細かに希望を聞けば、センスが無い奴と思われる。とりあえず空気を読み、お偉いさんが最も好きそうな場をセッティングしよう。仮にそんな流れで今回伝えられているようなことの舞台が出来上がったとしたら、さもありなんと思える。なぜなら松ちゃんに限らず、吉本芸人による「えげつない女遊びはトークの鉄板ネタ」文化は定着していたからである。

素人女性を選ぶのは“面白さの最下層”だから? 「女と遊ぶ」ではなく「女で遊ぶ」という吉本芸人の価値観

 松ちゃんに限らず平成期の吉本芸人のトークを見る限り、女遊びというのは、「女と遊ぶ」ではなく「女で遊ぶ」面が強調されていた。「人志松本のすべらない話」で、ナンパした女性に性行為を断られて冷凍肉を投げつけた話を披露したキム兄。「内村&さまぁ〜ずの初出しトークバラエティ 笑いダネ」で、ロンドンブーツ淳さんの指示のもと渋谷でナンパを繰り返していたと語った庄司智春さん。その淳さんも昔、極楽とんぼの山本圭壱さんの名前を伏せて素人女性に声をかけ、性行為中に入れ替わるといった話もあった。

 松ちゃんの著書『松本人志 愛』には「おもろい女いますか? こいつ、ほんまおもろいわって女。天然とかでなくて、ちゃんと計算して、フリもきっちりできて。そんなヤツいませんもん」というくだりがある。女は男より「おもんない」、そしてテレビにも出られない素人は最下層。面白くない奴は何をされても文句は言えない、という思想を吉本芸人が共有し、それが成功者の考えだという「空気」ができていたとするならば、素人女性が最も餌食になるリスクは高い。

 今回の件に関して、遊ぶならなぜプロの女性にしないのか、という批判もあった。

 しかし、愚弄してもいいような相手を選ぶなら、怖い人がバックにおらず、「何かされても仕方ない」と「空気を読ん」で泣き寝入りしてくれる相手が一番ということになるのではないか。ゆえに素人女性を好むのだといえば、つじつまがあう。

 素人女性にいかにひどいことをしたかを、ドヤ顔で語る吉本芸人たち。そしてテレビ局も「空気を読み」、スタジオも大爆笑というフォーマットが確立されていた平成期。その積み重ねが、吉本の、ひいては松ちゃんの感覚はやはり正しいものだ、これで笑えない奴は「サムい奴」なのだという「空気」をさらに強固にしていたのではないだろうか。

「空気を読む」ことに依存していた吉本の誤算 「最もおもんない」はずの素人たちが力を持つ時代

 取り巻きから被害者に至るまで、「空気を読む」ことに支配されていたように思える平成吉本芸人たちのエピソードトーク。その延長線上に落とし穴があったのではないか。

 ただ、「空気を読む」ことを周囲に自覚させることで成立してきた悪しき吉本文化は、それゆえに危うい局面に立たされている。今や業界やスポンサーが読むのは、タレントや事務所の顔色ではなくSNSの風向き。松ちゃんたちが「おもんない」と下に見てきた名も無い素人たちの声を、最も気にしなくてはならないという逆転現象が起きている。

 実際に吉本興業は「事実無根」というコメントを覆し、今月24日には「当社としては、真摯に対応すべき問題」とHPで発表。外部の弁護士を交えて関係者に聞き取り調査を行い、事実確認を進めているという。

 多くのコメンテーターが静観の構えを取る中、女性タレントを中心に「アテンド文化」への嫌悪感や、そういう場に置かれた女性の心情に理解を示す意見も出てきている。

 それもまた人気取りの「空気読み」と言われればそれまでだが、面白くなかろうが、おかしなことはおかしいと言うべきだという姿勢は、今このタイミングだからこその変化の表れといえるだろう。

 松ちゃんを明石家さんまさん・タモリさん・ビートたけしさんといったBIG3らと比較して「裸の王様」と断じる向きもあるが、握らせた金額の多寡や女性の属性どうこうというより、「女で遊ぶ」という思考そのものは遅かれ早かれトラブルの種になっただろう。どのような形で事態が収束するかはわからないが、童話「裸の王様」の幕引きは、空気を読まない人間のひと声だったというのが考えさせられる。

冨士海ネコ(ライター)

デイリー新潮編集部