4歳の金髪少女が“令和の愛人”になるまで…(撮影・徳重龍徳)

写真拡大

“令和の愛人”の異名を持つ9頭身美女の真島なおみが初の写真集『Swamped』(講談社)を発売した。SNSやテレビ番組でセクシーさ全開といった印象の真島だが、取材中に写真集の発売の喜びから涙する場面も。世間のイメージと自身とのギャップについても明かした。

【写真】取材中に思わず涙も…「エロと下品の線引きがある」と語った、真島なおみの写真集カット ほか【19枚】

――グラビアデビューは今から6年前。デビューしてすぐ「週刊ヤングジャンプ」の表紙を飾っています。写真集は正直なところ、もう少し早く出せると思っていたのではないですか。

 長かったですね。グラビアデビューが20歳で、今は25歳ですから。22、23歳までにはとは思ってました。実際、2年ぐらい前に写真集を出せそうなときもあったんですが、コロナなどもあって流れてしまって……。でも以前よりも自分の色もわかっていますし、今、写真集を出せたことで魅力がマシマシになっていると思います。

4歳の金髪少女が“令和の愛人”になるまで…(撮影・徳重龍徳)

 発売イベントでたくさんの方が写真集を受け取って喜んでくださっている様子を見て、写真集が出せたんだと実感できて涙が出ました。今もうるうるしています(そう言うと、目頭を押さえて涙を流す)。

――そもそも芸能界入りも小学3年生のときに、親に言わず勝手に応募したんですよね。なかなか破天荒。

 4歳から金髪だったんですよ。でも勉強はしていて優等生でした。もともとはアーティスト志望だったんです。歌って踊りたくて。ただ小学生で 身長が160センチ以上あったので、モデルをしていました。それからユニットで歌ったり、舞台でお芝居をしたりという感じです。

 20歳になった時に、当時の事務所だったエイベックスの方から「グラビアをやってみる?」と言われたんです。もともとめちゃくちゃグラビア好きだったので、お話をいただいたので「えっ、やっていいんですか!」とウキウキでした。

“令和の愛人”になるまで

――ヤングジャンプでグラビアデビューしますが、当時のキャッチフレーズは“ドール系美少女”と、今の“令和の愛人”とは真逆です。

 当時は笑顔が苦手だったのと、黒髪姫カットで今でいう量産系女子に近い服装をしていたんです。普段からハーフツインでジャスティン デイビスとかヴィヴィアン・ウエストウッドのネックレスや指輪をしていて。ただ当時もミニスカ、ニーハイはデフォでした(笑)。

――グラビアで人気が出ている最中、そこでキャッチフレーズが“令和の愛人”になる。

"令和の愛人”はラジオに出た時に「よゐこ」の有野晋哉さんが命名してくださって。もともとラジオで「彼氏に近寄らせたくない女」というのをキャッチフレーズにしていたんですが、当時「漂う 愛人感... (マネさんと私)」という私のツイートがバズっていて、そこからそこから有野さんがつけてくれました。

――実際、愛人になりたいとは思うんですか。

「愛人になってください」とは言われますが、本当に愛人をしたいわけではないので。あくまでみんなの愛人ですね。

頑張って露出したカットほど…

――写真集のタイトルは『Swamped』。どういう意味でしょうか。

 ハマったとか沼ったとか、そういう意味があるんですけれど、真島なおみに沼っていただきたいという意味からきています。

――沖縄で撮影された内容についてですが、真島さんのイメージだとどうしてもセクシーとなりそうなところを、前半はかなり王道なグラビアですね。

 最初は元気でさわやかで真島としては珍しいんですけど、だんだんディープになっていきます。ほぼすっぴんのカットもありますし、お風呂のカットは好きですね。川で撮影した写真も質感とかかなり盛れている のでおすすめです。

――写真集だから頑張ったカットはありますか。

 頑張ったのはお風呂のカットかなあ。でも頑張って露出するカットほど、カメラマンさんがオシャレに撮ってくださって、逆にそこまで攻めていないところをセクシーに撮ってもらっています。ファースト写真集からあまりやりすぎない塩梅で作ってもらいました。

「エロと下品」の線引き

――改めてグラビアは楽しいですか?

 楽しいです。でも、実は私ってグラビアをやる機会があまりないんですよ。

――確かに言われてみると、SNSでもセクシーな写真はあげていますが、水着になったものはほぼないですね。

 そうなんですよ。私、どエロい画像ばかりをSNSにアップするとんでもない人だと思われがちなんですけど、ちょっと谷間が出ているくらいでそんなに際どいものは投稿してないんですよ。私服でパンチラとかランジェリーを映したことは一度もないですし。自分の中でエロと下品の線引きがあって、下品は嫌なんです。

――2024年の目標はありますか。

 写真集を出すという目標が叶ったので、次の目標は……歌うことが大好きなので、歌であったり、DJ活動、ミュージカルにも挑戦したいです。昨年は台湾や香港にラウンドガールで行かせてもらうことも増えたので、海外の仕事ももっとできたらなって思っています。

 今年26歳になるんですけど、“令和の愛人”というニックネームのおかげで、年をとるのが怖くないんです。次から次へ若いコが出てくる世界なので、普通だと焦りも出てくると思うんですけど、愛人としてはむしろ年が上の方がいいかなって。なので恐れずに年を重ねていきます!

徳重龍徳(とくしげ・たつのり)
ライター。グラビア評論家。大学卒業後、東京スポーツ新聞社に入社。記者として年間100日以上グラビアアイドルを取材。2016年にウェブメディアに移籍し、著名人のインタビューを担当した。現在は退社し雑誌、ウェブで記事を執筆。個人ブログ「OUTCAST」も運営中。Twitter:@tatsunoritoku

デイリー新潮編集部