左から順に、春日えな、宮名遥、優木なお、弘前綾香

写真拡大

 AV新法の影響で「仕事が激減した」といった話を聞く一方で、人気女優たちが生き残りを懸けて画面の外に飛び出した! 今回、そんなミューズたちと実際に触れ合えるスポットを歩く。

◆駅近、低価格、気軽に立ち寄れるスポットが出現

 業界の雄が’18年に秋葉原駅の真横に出した「SOD女子社員酒場」には、連日3〜4人の企画単体女優が出勤中。気軽に寄れる立ち飲み業態の店だ。

「企画モノだと女優の名前がパッケージに出ないことがあるので、お客さんが作品について語りだしたら、大チャンス。『これ、私出てます!』と、自分の出演作品をアピールしてます」(弘前綾香)

 宣伝したい、お酒も飲みたい女優たちの間では、この店での勤務はメリットだらけ。限られたシフトを巡って水面下で争いになっているという。

「今年4月のデビュー前からこの店のことは知ってたので、6月に初出勤したときはすごく嬉しかった。撮影時の実体験とか、自分からエッチな話題を振ることもあります。話が盛り上がってその場でSNSをフォローしてくれたり、作品を購入してもらえることも」(宮名遥)

◆懐の深い女子社員たち

 また、普段は人に話しづらい話題も、懐の深い女子社員たちが受け止めてくれる。

「ときおり童貞やあれが早い悩みを相談に来るお客さんもいますね。ここの女のコたちは、みんな大概の話題は引かずに答えてくれますよ。ちなみに私の答えは、『童貞は捨てるな!』『早いのは遅いよりいい!』です(笑)」(優木なお)

 店内は、サラリーマンのグループから女性一人客まで、さまざまな顔ぶれ。一般世間との垣根など、もはやないのかもしれない。

取材・文/松嶋千春(清談社)

―[人気セクシー女優に[いま会える現場]]―

【松嶋千春(清談社)】
様々なメディア媒体で活躍する編集プロダクション「清談社」所属の編集・ライター。商品検証企画から潜入取材まで幅広く手がける。