鹿目凛

写真拡大

 アイドルグループ「でんぱ組.inc」の鹿目凛が14日、自身の公式ブログを更新。発達障害の一種あるアスペルガー症候群であることを明かした。

【写真】舞台「キューティーハニー」で、超大胆衣装に身を包む鹿目凛

 鹿目はこの日、「私がアイドルである理由」という題でブログを更新。自分を変えるためにアイドルを目指したことをつづり、「中学生の時、不登校が続いていた私をお母さんが心配してくれて、連れて行ってくれた病院でアスペルガー症候群である事をお医者さんから告げられました。自分がみんなと違うことを認めたくなくて、今までずっと周りに隠してきました」と告白した。

 その上で、具体的に「空気が読めない、相手の立場に立って考える事が苦手。思いがけないところで相手を傷付けてしまう事もあった」とその影響も説明。「でんぱ組.incに加入したすぐの頃も空回りして場の空気を凍らせてしまったり、みんな、やりづらいだろうなって申し訳ない気持ちで、すごく悩んで」と、抱えてきた苦しみを吐露した。

 それでも「自分の嫌いな所と向き合って、凹んで、反省して、もがき続けた」結果「何年もかけて、少しずつ空気が読めてきたり、相手の立場に立って考えられるようになってきた!そんな私を周りのメンバーも理解しようと頑張ってくれて ライブのMCで私が独特な道に突っ走る所を面白くツッコんでくれるようになったり、オチを任せてくれたり 今ではMCや代表コメントなども任せてもらえるようになったの!」と、周囲に受け入れられたことも報告。「私が喋ると空気が変わる。今までそれが怖かったのに みんなが、私のコンプレックスを武器にしてくれたんだよね」と喜びを表した。

 「今日はアイドルになってちょうど8年が経った日。この8年の間にたくさん成長が出来たよ。試練もたくさんあったけど、その分自分の事を好きでいられる自分 周りの人達を大切に出来る自分になれたんだ!アスペルガー症候群である事も自分自身が強くなれたからこそ、お話しようと勇気を出しました!」と、前向きな心境をつづった鹿目「人は誰だって変われるんだよ。障害があろうとなかろうと、自分の事、好きになれるんだよ。そんな勇気を与えられるように私は、変わり続けていく事をこれからも魅せて行く」と、同じ障害に悩むファンへも呼び掛けた。

(よろず~ニュース編集部)