スタバの「アーモンドミルクケーキ」もう食べた? 最強のダイエットスイーツに感動

 突然ですが、“スタバのケーキ”、食べたことありますか?

 ティラミスを筆頭に、コーヒーとのおいしいペアリングを考えたケーキ類も多く、そのシンプルな味わいはスタバファンの心を温めてくれています。
 今回はその中でも、“ちょっと珍しいケーキ”をご紹介。生クリームを使わずに作られた、朝からでも食べたいと思える、先進的で超ヘルシーなスイーツがスタバにはあったのです。

◆その名は「紅茶のアーモンドミルクケーキ」

 そのケーキとは、「紅茶のアーモンドミルクケーキ」(税込484円)。

“アーモンドミルク“を使って焼き上げたダージリン紅茶のケーキ生地に、はちみつ入りアーモンドミルクホイップクリームがたっぷり乗っています。そうです、牛乳や生クリームの代わりに使われているのが、「アーモンドミルク」なのです。

 最近スーパーやコンビニでもよく見かけませんか? まずは、このアーモンドミルクのヘルシーさをおさらいしておきましょう。

◆牛乳や豆乳に比べて低カロリー・低糖質

 アーモンドミルクが日本で注目されるようになったのは2018年頃。今では豆乳と並ぶ“植物性飲料”としてスタバのラテシリーズにもラインナップされています。その魅力は、圧倒的なヘルシーさにあります。
 基本的な原材料は、アーモンドと水。そこに甘味料や香料などが添加されたものもあり、様々なテイストの商品が登場しています。話をスタバのケーキに戻しましょう。確かにカロリー値を確認すると、158kcal。隣に並ぶケーキと比較しても、圧倒的に低カロリーであることに驚きます。

コーヒーティラミス:224kcal
クッキー&クリームシフォンケーキ:325kcal
オレンジ&レアチーズケーキ:241kcal
ニューヨークチーズケーキ:414kcal

 それでは気になる“味”の話に移りましょう。満足度は高いのでしょうか?

◆クリームが別世界のおいしさで、心掴まれた…

 まずはクリーム部分からいただきます。口に入れた瞬間、ふんわりと甘い香りが広がります。これはアーモンドミルクの上品な風味とはちみつが合わさることで生まれる、なんとも華やかで軽やかで優しい世界観。

 とってもおいしくて、時間が止まったような、息を呑むような魅力的な時間が訪れます。これまでのケーキとはどこか違う、新たな喜びがあります。

 それでは次に、スポンジ生地はどうでしょうか……。

◆シフォンケーキよりもしっかり。食べごたえは十分

 スポンジケーキの食感は非常になめらかで、ふんわりしていながらも程よいしっとり感。シフォンケーキに通じる軽やかさはありながらも、空気の含有率が抑えられているために確かな満足感があります。

 また、紅茶、シナモン、アーモンドが奏でる優雅な風味は、繊細なのに個性的。コーヒーと一緒に食べても負けない存在感があります。

 生地に卵が使われているので、100%植物性ではありませんが、生クリームを使ったケーキを敬遠していた人やカロリーの罪悪感を抱いていた人には新たな選択肢になること間違いなしです。

 最後に、これはあくまでも個人的な感想ですが、コロナ禍のストレスで疲れきった心を優しくほぐしてくれるような不思議な癒やしを感じることができました。改めて、ケーキのパワーは偉大です。

<文・撮影/食文化研究家 スギアカツキ>【スギアカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12