牧瀬里穂

写真拡大

《誠に勝手ながら、当店は'21年1月31日を持ちまして、営業を終了することになりました》

【写真】牧瀬里穂&NIGO、希少型のベンツでドライブデート

 1月31日、牧瀬里穂の夫・NIGOがプロデュースしたカレー店『カリーアップ』新宿店がクローズした。いま、彼が手がけた飲食店が相次いで閉店している。

「昨年12月に京都のタピオカ店が閉店。さらに、1月に入ってから都内に3店舗あったカレー店のうち、2店舗が閉まったんです」(芸能プロ関係者)

 牧瀬は'89年に放送されたJR東海『クリスマス・エクスプレス』のテレビCMで脚光を浴び、スターダムを駆け上がった。

「'90年に公開された映画『東京上空いらっしゃいませ』と『つぐみ』で毎日映画コンクール新人賞など、各映画賞の新人賞を総なめに。清純派のイメージでCMにも多数出演し、当時のCM契約本数は10社以上になりました」(スポーツ紙記者)

超セレブ生活に落ちた影

 私生活では、'08年に『A BATHING APE』(通称『BAPE』)を立ち上げ、“裏原宿系ファッションのカリスマ”と呼ばれた、ファッションデザイナーのNIGOと結婚した。

「“デートのお迎えはロールスロイス”“夫は前歯にダイヤモンドを埋め込んでいる”といったセレブぶりが話題に。当時、NIGOさんの年収は5億円と報じられ、“玉の輿婚”と言われましたね」(同・スポーツ紙記者)

 しかし、セレブ生活は長くは続かなかった。

「'11年にBAPEを手がけていたNIGOさんの会社『ノーウェア』が、香港の大手アパレル会社に買収されたんです。ノーウェアは'09年、'10年と2年連続で2億円前後の赤字を出し、金融機関への借入金や賃料などと合わせて、負債総額は40億円にのぼったそう。NIGOさんは負債を担保するため、ブランドを売却しました」(前出・芸能プロ関係者)

 そんな苦しい時期もあったが、ここ数年のNIGOはデザイナー事業に加えて、飲食店のプロデュース事業が軌道に乗っていた。

「'10年に『カリーアップ』原宿店をオープンし、'17年に新宿店、'18年には中目黒店を出店しました。'19年には、“タピオカブーム”に乗って、京都にタピオカ店『オツモパール』を開きました。どのお店も、すごい人気でしたよ」(同・芸能プロ関係者)

 夫の仕事が波に乗り、牧瀬も'19年に放送されたNHK連続テレビ小説『まんぷく』で9年ぶりのドラマ出演を果たすなど、女優として再び注目を浴びている。それに伴って、夫婦は以前のように優雅な生活を送るように─。

「'16年に出演したバラエティー番組では、東京の街並みが一望できる都内の高級タワーマンションに住んでいることや、2000万円のダイニングテーブルや1脚200万円のイスを使っていることが話題に。京都には、牧瀬さん専用の茶室をそなえた別荘もあるんですよ」(同・芸能プロ関係者)

 冒頭の相次ぐ飲食店の閉店は、そんなセレブ生活に水を差しかねない事態にも思える。“閉店ラッシュ”は、昨年12月14日にタピオカ店『オツモパール』がクローズしたことに端を発した。

「このお店は'19年5月にオープンしました。10〜20代の若い人を中心に人気で、連日大行列ができていましたよ。でも、気がついたらお店に張り紙がされていたのでビックリしました」(タピオカ店近隣の店舗スタッフ)

 人気店に何があったのだろうか。

出前を続けていくのも難しいのでは……

「昨年4月に新型コロナウイルスで“緊急事態宣言”が発令されたことを受けて、4月16日から5月7日まで営業を自粛しました。営業再開後は、入店するお客さんの数を制限したり、営業時間を短縮していて、以前より明らかに客足が減っているように見えました」(同・近隣の店舗スタッフ)

『カリーアップ』の2店舗が営業できなくなったのも、コロナの影響が大きかったようだ。

 中目黒店も、昨年の緊急事態宣言を受けてお店を閉めることになった。

「1か月間、営業を自粛していました。自粛明けはお客さんの数が減っていましたね。結局、1月17日をもって閉店。今後は、ウーバーイーツを中心にやっていくようですが、スタッフの間では“出前を続けていくのも難しいのでは?”という声があがっています」(『カリーアップ』関係者)

 新宿店は、駅の商業施設『ルミネ』の中に入っているため、ビルの自粛要請に従わざるをえなかった。

「ルミネは、緊急事態宣言が解除されるまで1か月臨時休館になりました。休業中もテナント料を負担しなければならなかったので、NIGOさんのお店にとってはかなり痛手だったといいます。ルミネに入っているほかの飲食店の中には、コロナの影響で閉店したお店もあったので、“あのお店もそうなのかな?”とウワサになっていました」(近隣の店舗スタッフ)

 夫のお店が次々に閉まっていくのを見て、牧瀬の脳裏には“悪夢”がよぎったようだ。

「10年前に、NIGOさんの会社が負債を抱えたときのことを思い出しているのでしょう。当時は、夫婦で住んでいた都内の豪邸と衣装部屋として使っていた六本木ヒルズのペントハウスを手放すことになりました。彼女は生活が一転したことに戸惑っていたので、もうあのときのような思いをしたくないのでしょう」(牧瀬の知人)

 プロデュースする飲食店が相次いで閉店したのは、コロナが原因だったのだろうか。牧瀬の所属事務所に問い合わせると、

「コロナが原因ではありません。閉店ではなく、次の事業を始めるための準備として一時的に閉めたと聞いています」

 どうやら今回は、牧瀬が心配するような2度目の“悪夢”を見る可能性は低いようだ。

「NIGOさんは、昨年6月にルイ・ヴィトンともコラボしています。本業であるデザイナーの仕事が順調なので、今回の飲食店の閉店は、夫婦の生活にはそこまで影響しないと思いますよ」(前出・牧瀬の知人)

“セレブエクスプレス”は止まらない!?