腕が折れても投げ続けた「5試合773球」甲子園のルールを変えた大野倫氏

ざっくり言うと

  • 1991年に沖縄水産のエースとして甲子園に出場した大野倫氏
  • 腕が折れながら5試合で773球を投げ抜いたが、投手生命は犠牲に
  • これを機に高野連は重い腰を上げ、選手の体を守る規約を作ったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x