インフル患者数が2019年比の1000分の1以下に 例年と比べても少ない傾向

ざっくり言うと

  • 9月6日までの1週間のインフルエンザ患者数が大幅に減少していると分かった
  • 全国で報告された患者数は3人で、2019年の同じ時期に比べて1000分の1以下
  • 例年と比較しても少ない傾向とされ、厚労省は引き続き予防対策を求めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x