コンゴ民主共和国でエボラ流行終息 発生から2年で死者2千人超

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • コンゴ民主共和国は25日、東部のエボラ出血熱の流行終息を公式に宣言した
  • 流行は2018年8月に始まり、死者数は2287人に上った
  • 保健相は同国史上最も長く、複雑で、死者の多い流行だったとコメントした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x